サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

製作したホームページやウェブログのURLアドレスをインターネット上で公開して広めていくためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



新着エントリー
オリジナルコンテンツのページを作成するコツとは?
サイトの主旨とコンテンツの説明
ホームページやブログを作成してインターネットで公開すると、
多くのネットユーザーに作成したページを閲覧してもらえるようになります。

サイトの主旨や目標によって、どれくらいの訪問数が目安になるかは
人それぞれで用途によっても様々なのですが、
できればアクセス数は基本的に。多いほど良いものですね。

しかし継続的にホームページの訪問数を上げて維持し続けるのは
なかなかに難しいもので、日によって上下幅が激しくなる事も少なくありません。

そこでアクセスアップに効果的な数多くの方法を学んで覚えて、
実践で駆使していくと、大変役立ちます。

まず最初に、「SEO対策」(Search Engine Optimization)という技法が
インターネット上では非常に重要な要素になります。

GoogleやYahoo!JAPAN、MSN(bing)をはじめとするロボット検索エンジンで
特定のキーワードを入力した時に表示される「検索結果」のページの
1位~10位以内の上位で表示されると、非常に高いアクセスを得やすくなります。

またホームページのコンテンツを、ユーザーや検索エンジンに
分かりやすく表示できるように内容をカスタマイズする事で
スムーズにHPの内部を読み込みしてもらいやすくなります。

そして近年、非常に人気の高いTwitterやFacebook、mixiといった
[SNS]を上手に活用して集客に繋げていく手法もあります。

当サイトでは、これらの様々な技法について解説しています。
HPやBLOGの制作、集客支援にお役立て頂ければ幸いです。


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
オリジナルコンテンツのページを作成するコツとは?
ホームページやブログのSEO対策(検索エンジン最適化)には今、
個別ページごとのコンテンツに「オリジナリティと有用性」が
十分にあるかどうかが、非常に重要視されています。

外部からの被リンクの数や質以上に、ストレートにサイトの内容の「質」が高いか、
そして独自性が十分にあるかどうかのポイントが
やはりユーザー側にも検索エンジン側にも求められている、という事ですね。

そこでどのようにすれば独自性のあるコンテンツの優良なページを
作っていく事ができる?という疑問について、解説していきます。



[実践済みの得意な分野について取り上げていく]

まずオリジナル性のあるページを最も作りやすい方針として、
ご自身の得意な分野や専門的な技術を元にして、
実体験や実験・実証に基づいた内容を書いてみてください。

専門外であまり詳しくない分野を無理に書こうとすると、
特に解説してから最初のうちはどうしてもオリジナル性に乏しくなります。

もちろん記事を書きながら勉強して詳しくなっていく、という方針も
一つの運営の仕方なのですが、どうせならばやはり、
最初から詳しくて書きがいのあるコンテンツの方がスムーズに作りやすいです。


ですが、ほとんどキーワード検索自体がされないようなマイナーすぎる内容や、
今はもう古くて実用性に乏しい情報を扱った記事ではアクセスを得にくいです。

少なくとも最低限、そこそこ検索がされやすそうなキーワードや
内容を取り扱ってページを作成するように心がけていくのが確実的ですね。
オリジナルコンテンツのページを作成するコツとは? の続きを読む


ホームページ制作方法 | ホームページの作成
descriptionのmetaタグを個別のページに配置
『description』(ディスクリプション/意味:説明、記述、表現)とは、
インターネットにあるウェブページを構成するHTMLソースの[ヘッダー]の部分に
[ページ内のコンテンツを表す説明文を記入する枠]を配置できるmetaタグです。

descriptionのタグは普通にページを閲覧した状態では目視できない
<head>の領域の中に、このようなタグ表記で設置します。

<meta name="description" content="説明文" />

インターネット上で公開するページ自体には直接は映らないタグ要素なのですが、
Google(グーグル)やYahoo!Japan(ヤフージャパン)をはじめとする
ロボット検索エンジンでキーワードを入力した際に出る検索結果のページに、
自サイトのページが表示された時には高い割合でこの記述が反映されます。

タイトルの下に表示される、訪問ユーザーにページの内容を説明する
大事なスペースに出てくる一文なので、しっかりと丁寧に書く事が大事です。

※descriptionタグがない場合は<body>のタグ内にある本文の中の一文が
かわりに検索結果に表示されるので絶対必要というわけではないのですが、
できればヘッダーに加えた方が訪問ユーザー側にも親切で、またSEO対策にもなります。


一例として、「トップページ」(インデックスページ)では
サイトの全体的なコンテンツの説明を書きます。

下階層の静的なページではそれぞれ、
基本的にそのページ内のコンテンツのみを説明した一文を書いていきます。

タグ内に記入できる文字の適切な数は諸説があるのですが
60字~100字以内くらい、多くて120文字くらいを目安にして、
サイトやページの中身にマッチして書きやすい適度な量で書いていきましょう。

※descriptionの説明文の中に同じキーワードは1つか2つまでにします。

3つや4つと過剰に詰め込むとSEO的に低評価やスパムになりかねないので、
自然に読めて適度な文章になるように設定してください。
Meta メタタグ設置 | SEOの基礎知識
新規ドメインは最初のうちはSEOの評価が低い?
新しくオリジナルのドメインを取得してホームページやブログを開設しよう、という時、
「新規ドメイン」はGoogleやMSNなどのロボット検索エンジンのアルゴリズムに
ある程度評価されてアクセスを順調に得ることはできる?という疑問について。

まず、最初のうちはやはりGoogleの検索結果などではキーワードごとの評価が低く、
開設してから一か月くらい経ってもほとんどアクセスを得られない場合もあります。

まだページの数やコンテンツが少ないために評価が低い、という点が大きいですね。

しかし、すでに数百ページ以上あるサイトやブログを
独自ドメインにリダイレクトで移転する形で新規ドメインを作成する場合でも、
前のサイトより急激に総アクセス数が下がってしまう事もあります。

一方で大手のポータルサイトで提供されているサイト・ブログサービスの
「サブドメイン」や「下層ドメイン」で作成するURLアドレスの場合は、
逆に開設して最初のうちから検索エンジンで上位表示できる事もあります。

(※メインキーワードではそれでもすぐには難しいのですが、
 二つ以上のキーワードの組み合わせの検索結果では上位表示しやすいです。)

ですがオリジナルのドメインの場合はやはりなかなか評価が得られにくく、
良質コンテンツのページがたくさんあったとしも、
検索エンジンからは暫くの間、ごく少ないアクセスしか得られない事が多いです。

Googleなどの大手ポータル検索エンジンでは、
新規ドメインのサイトがすぐに上位表示されないようにする
「エイジングフィルター」というシステムが組み込まれていて、
半年から一年以上経たなければなかなか上位表示できない、という話もあります。

しかしこれは憶測で不確定的な説もあり、
多くの場合は他の理由によりSEOの評価が低くなっている可能性も高いです。
ドメイン名の取得・選択 | わかりやすいSEO対策
アクセス集計レポートを見てサイトの顧客管理
ホームページやブログには、テンプレートに
『アクセス解析サービス』のスクリプト等のタグを設置する事で
サイトの訪問者数や様々な詳しい状況をチェックする事ができます。

近年では単純に一つ、二つの方向性でのアクセス獲得だけでは
なかなか順調に顧客の上昇が見込めない事も多いです。

そこでインターネット上だけでも様々な方向性から解析結果を見ていくと、
正確かつ効果的にリサーチと顧客管理を行っていく事ができます。


まず、運営されているウェブサイトにアクセス解析サービスの導入を行う際、
出来ればなるべく解析する項目が多く、リサーチに役立ちそうなツールを選び
ソース用タグを取得すると、その後に状況の分析がしやすくなります。


・まず必須項目として、大手ロボット検索エンジンからの
アクセスを計測するツールはぜひともほしい所ですね。

Google、Yahoo!Japan、MSN(bing)をはじめ、
楽天、biglobe、Ask、AOL、Livedoor、goo、babylon、conduit、excite、
といったサーチエンジンからはおおよそ常に一定数のアクセスが見込めます。

しかしある時に「検索アルゴリズムのアップデート」や
結果順位ペナルティの発生、インデックスからの除外などの理由で
急激に訪問者数が大幅に上がったり下がったりする事があります。

そんな時に、どの日をきっかけにどの検索エンジンからのアクセス数が
上下したかを、日別の集計ですぐに確認できるので大変役立ちます。


・次に、近年で人気のソーシャルネットワークサービス(SNS)で
口コミでつぶやかれたリンクからどのくらいの来訪客が訪れるかを
チェックできるレポート機能もあると、顧客管理の面でも大変助かります。

Twitter(ツイッター)のツイートからのURLリンクをはじめ、
Facebook(フェイスブック)の「いいね」と「シェア」、
Google+(グーグルプラス)のつぶやき、
mixiのいいね&チェック、Tumblr(タンブラー)の投稿など。

・他にも「はてなブックマーク」、「Yahoo!ブックマーク」といった
ソーシャルブックマークや、外部ブログ、掲示板など
一般的な全ネットユーザーへの公開型ページの被リンク先から
URLリンクをたどって訪れるパターンもあります。
アクセス解析カウンター | アクセスアップに使えるツール
Twitterとの外部連携で記事の更新通知に活用
最近ではつぶやき型ソーシャルネットワークサービス「Twitter」(ツイッター)を
ホームページやウェブログの更新通知に活用されている事例も数多く見られます。

Twitterは140文字以内でどんな事でも一言の『つぶやき』(Tweet)を書いて
気軽に発信ができる、様々な事にも活用しやすい大変便利な機能です。

そして最近では、サイトやブログで新しく作成した記事ページの内容を
短縮URLのリンク付きで投稿できる、
Twitterとの連携機能が導入されているサービスも数多くあります。

外部アプリの連動


一例として、FC2ブログでは「環境設定」のメニューにある
「ブログの設定」に、[Twitterとの連携]という項目が備わっています。

ここでTwitterにログインした状態で[有効にする]と選択すると、
外部アプリの認証画面に入って、外部サイトとの連動が承認できます。

その後は新しい記事を書く時の投稿用ページに[Twitterへ通知]の項目が追加されます。

「この記事を (アカウント名) に通知する 」という部分にチェックを入れると
記事を新規投稿した時にPINGと同時にTwitterに自動的にページの詳細が書かれた
つぶやきが一つ、外部アプリからの送信として投稿されます。

そして、フォロワーの人達への更新通知になり、
Twitterのキーワード検索の結果ページにも表示されて、
また大手ロボット検索エンジンの最適化としても少し効果が期待できます。
Twitter ツイッター | HP更新報告
各ウェブブラウザの画面でページの表示状態を確認
コンピューターからインターネットにアクセスしてウェブページを見るには
「ウェブブラウザ」(web browser)という
閲覧用のアプリケーションソフトのインストールが必要になります。

パソコン等の大抵のコンピューターにはウェブブラウザのソフトが
購入した初期状態の段階で使えるように、既にセットアップされた状態になっています。

ですがそれぞれの機種やOSによって初期状態で入っているウェブブラウザは
違うツールが多く、またそれぞれのソフトウェアで若干ページの見え方も変わってきます。


例として、Microsoht WindowsのOSのパソコンでは
Internet Explorer」(IE・インターネットエクスプローラー)が
最もよく使われていますね。

更にその中でも、PCの製造年月などによって、IE6、IE7、IE8、IE9、IE10と、
人によってソフトウェアのバージョンが異なります。

一方でAppleのMacintoshパソコンやiMac、MacBookといった
Mac OS Xのパソコンと、iOSのiPhoneやiPad、iPodシリーズでは、
「Safari」(サファリ)のブラウザが標準でセットアップしてあります。

Googleのモバイル向けOS「Android」のスマートフォンでは
「Android Browser」(アンドロイド・ブラウザー)を使います。

他にもGoogleより提供されている「Google Chrome」(グーグル・クローム)や
Mozilla Foundationの「FireFox」(モジラ・ファイアフォックス)も
とても需要が高いブラウザですね。

更に「Opera」(オペラ)や「Lunascape」(ルナスケープ)、
「Netscape」(ネットスケープ)など数多くのウェブブラウザが存在します。
ウェブデザイン変更 | テンプレートが・・・
サブドメインの取得でURLを設定する時の注意点
「サブドメイン」(subdomain)とは、
名称の通り、ホームページの本家のURLの予備、または補助に当たるURLです。

例えば「http://mainnodomain.com/」のURLアドレスが本家の場合、
「http://sub.mainnodomain.com/」がサブドメインになります。

なお、「http://mainnodomain.com/sub/」の場合は
本家ドメインの下階層にある「サブディレクトリ」になります。

メインのドメインとサブドメインではどちらがホームページのアクセス数を
上げやすいかといえば、基本的にはやはり本家ドメインの方が良いですね。

しかし、最初にURLを決める事はかなり重要で、うっかり何かを間違えてしまうと
その後の運営方針や訪問者数に大きく響いてしまう事もあります。
ドメイン名の取得・選択 | ウェブページ
Facebookの「シェア」と「いいね!」ボタンを設置
当サイトにもこのたび、現在で世界最大手のSNS
「Facebook」(フェイスブック)にページを投稿・共有する機能である、
「いいね」ボタンと「シェア」ボタンを、上下部分に設置してみました。

ソーシャル・ネットワーク・サービスのFacebookでは、
TwitterやGoole+、MySpace、mixiといった他のSNSと同じく、
簡単な一言メッセージを書き込みできるつぶやきの機能があります。

ログインした時のメインページの上部に設置されている
「近況アップデート:今どんな気持ち?」という入力欄に
ウェブページのURLアドレスを貼ると、自動的にリンクが読み込まれて、
投稿してSNS上で友達や提携グループの人に紹介する事が出来ます。
Facebook フェイスブック |
アクセスアップした後のホームページの管理方法
ホームページやブログは基本的に、コンテンツがあって役に立つ良いページを増やして
外部リンクを無理のない範囲でそこそこ増やして、そして定期的に更新を
続けていく事で、自然に緩やかなアクセスアップになっていきます。

最初のうちはほどんどアクセスが伸びなかったり低くなったりとバランスが良くない
事も多いですが、次第に検索エンジンの上位検索結果に表示されるようになり、
ソーシャルメディアやQ&Aサイトにも例として紹介してもらいやすくなります。

そして、順調にアクセスアップに繋がり十分な訪問者数やユーザーからの反応を
毎日安定的に得られるようになってきたら、そのホームページは成功と言えるでしょう。

しかし、ユーザー側がサイトに求めるジャンルや製品は日々変わっていきます。

Googleやbingなど検索エンジンのアルゴリズムも定期的に変動して、
SEO対策のルールやソーシャルメディアの影響力なども時代とともに変わるので、
アクセスがいつまでも維持し続けられるかどうかわからない点もあります。
アクセスアップとは? |
沖縄県のSEO対策サービス会社一覧
九州:沖縄県内に所在地のある、SEO対策・ホームページ制作の
サポートサービス業者の一覧リストです。

那覇市をはじめ、県内の各島にてご在宅の方、お勤めの方でしたら、
運営されているウェブサイトのアクセスアップや新しいHP制作の際に
どうぞご参照ください。

沖縄県内の市町村

うるま市、粟国村、伊江村、伊是名村、伊平屋村、浦添市、沖縄市、恩納村、
嘉手納町、宜野座村、宜野湾市、久米島町、宮古島市、玉城村、金武町、具志頭村、
国頭村、今帰仁村、佐敷町、座間味村、糸満市、西原町、石垣市、多良間村、大宜味村、
大里村、知念村、竹富町、中城村、渡嘉敷村、渡名喜村、東村、東風平町、読谷村、
那覇市、南大東村、南風原町、豊見城市、北大東村、北谷町、北中城村、本部町、
名護市、与那原町、与那国町
サポート業者 |
外部ページから見える自サイトの表示状態の確認
ホームページをインターネットでアップロードして公開した後は、
まず、更新ページのpingを送信したり、外部の登録サイトや掲示板に
リンク登録をしていく事でウェブ上の入口が増えて、アクセスアップに繋がります。

更に、そのうち「GoogleやYahoo!JAPAN、bingなどの検索エンジン」にも
インデックス登録されて、キーワードの検索結果にも表示されやすくなります。

基本的に自サイトへのアクセスというのは、検索エンジンやソーシャルサイト、
他、リンク集ページや掲示板などの、外部サイトからの訪問がほとんどです。

逆に、URLアドレスを一字一字ウェブブラウザに打ち込んで訪問、というパターンは
少なめの割合になります。

なので、外部ページからのリンクが非常に重要になるのですが、
そこで、それらの各リンクが、ページ上で視覚的・文章的に
どのような具合に表示されているか、という要素もそれなりに重要になっていきます。
インターネット設定 |
ページのタイトルは長すぎず、短すぎず?
ホームページのトップページとその下階層ページそれぞれのタイトルは、
インターネットユーザーへの基本的なページのアピールの重要な部分のひとつです。

検索エンジンやソーシャルサイトから訪問するユーザーは、
主にまずタイトル文をさっと見て、その補助としてリンクアドレスや解説文を少し見て
そのページに訪問するかどうかを決めていきます。

また、SEO対策(検索エンジン最適化)にも、タイトル文は重要になります。

ページのタイトルはWEBページのHTMLソース文のhead領域にある、
<title></title>のタグ内にはさんで記入します。

(body領域本文の<h1>タグや<h2>タグの事ではありません。)

ここに何も書かれていないでネットにUPした場合は、Googleなどの検索エンジンでは
自動的に他の本文上部の単語や短文がページタイトルとして表示してもらえる事も
あるのですが、SEOの面ではマイナスになりやすいので基本的には記入をしましょう。

ページタイトルの一文は、主にその各ページの内容に沿って決めていきます。
またはページのタイトルを割きに決めて、そのタイトルの主旨に沿ってコンテンツを
作っていく手順でも大丈夫です。

ただ、タイトルの文字と本文の内容が合っていないようなことが無いようにご注意下さい。
タイトルで主に使う単語は必ずページ本文に何箇所か織り交ぜるように作成すると
ちょうど良くなります。バランスと見易さも意識して、作っていきましょう。
タイトルの決め方 |
サイトを開設してから最初は沢山ページを作るべき?
新しくホームページを始めてから最初のうちはどうすればいい?という疑問について。

ホームページやブログは、個人のページならもちろん自分だけのオリジナル空間なので
どんな運営の方法でも良いのですが、サイトをどんどん良くしていくためには、
やはり色々なコンテンツがあった方が良いですね。

サイト作りは、各ページの作成を始めて、インターネットにアップロードして、
そこから各部をどんどん追加してページを増やしていくまでの最初のうちが
最も更新の勢いが高く、やる気も出てくる事が多いです。

始めのうちは各ページの細かい部分の装飾や補足説明はとりあえず後でもいいので
まずは開設の勢いの一気に乗って、ある程度ページを増やしてみましょう。
初心者向け簡単技法 |
キーワードタグで作られる量産ページの効果
ウェブサイトの中で、『ブログ』や『SNS』、『ソーシャルブックマーク』などの
サービスでは、区切りの関連キーワードごとに作られた「タグ」という
量産タイプの特殊なページが自動的に沢山作られていく所も数多くあります。

タグページはご自身の持つサブドメインの下階層として作られるものもあれば、
本家サービスのサブドメインか下階層として出来るものまで様々です。

ご自身が管理されているブログ等のドメイン内にあるタグページなら、
それらもサイトの一部になるので内部ページ自体は沢山増えていきます。

逆に自分のドメインの外に作られるタグページは、サイトの外部にあるので
ブログサービスの場合は一応、同一の親ドメイン内ではあるのですが
ご自身のサイトの中のコンテンツとしては扱われません。
PAGE構成の手法 |
掲示板で貼るURLリンクにSEO効果はある?
インターネット上に数多くあるウェブ掲示板(BBS)のサービスでは、
コメントやURLの項目にホームページのウェブアドレスを書き込んで
そのページへのリンクを繋げてもらえる所も多くあります。

例えばホームページ宣伝掲示板やサイト紹介コミュニティでは、交流によって
サイトに興味を持ってもらい訪問してもらうのが第一の目標になるのですが、
では掲示板で貼るリンクはSEO対策にも効果がある?という疑問について。

URL貼り付けの形


ネット上にはそれぞれのサービス提供元によって色々な掲示板があるのですが、
URLアドレス文がそのままリンクになるパターンと、
「URL」「HOME」とだけ書かれているURLになるパターンが多めです。

普通のテキストリンクやバナーリンクで貼ってもらえるパターンは少ないので
少しリンク自体が目立ちにくかったり読みにくい事も多いのですが、

掲示板だとリンクタグに自動的に「検索避けタグ」が貼られるようになっている
サービスは少ないので、一応ロボット巡回のクロール対象であるため、
SEO対策として多少なりとも効果はあります。

逆にブログのコメントフォームではよく検索避けタグが貼られる仕組みになります。
掲示板・BBSの書込み |
アクセスの上昇した数値が続いていく傾向とは?
ホームページやブログをアクセス解析でチェックしながら何ヶ月、何年と
運営して更新していくと、急にウェブサイト全体のトータルアクセスが上がって、
その後その上昇した数値がずっと続いていく事が何度も起こります。

まだ出来立てのサイトや小さい規模のサイトはアクセスの値に大きな波が
一日おきに起こりやすく、急に上がったりまた下がったりする事が多くて
なかなか安定しないのですが、ある程度しっかりしたコンテンツが増えて
大きなサイトになっていくと次第に毎日のアクセス数が安定していきます。

序盤のうちは通常、アクセスが低いサイトも、たまにどこかのページが
人の多く集まるSNS(コミュニティ)やTwitter、Q&Aなどのページで
リンクで取り上げられた場合に、一時的に訪問者数が数百~数千も上昇します。

ですがその場合はあくまで一時的なもので、その外部サイトの記事が新着記事に
埋もれていくとまた訪問者数も下がり、前とほとんど同じ状態に戻ります。

しかし、それでも大勢の人にサイトの中身を見てもらえて印象には残っているので
少しは周知効果もあり、ページを見た人がまた他のSNSで紹介してくれていたり、
別の機会がある時に再びサイトを訪問してもらえる可能性もあります。
アクセス解析カウンター |
初心者によくあるHTMLタグ書き間違いのミス
ホームページやブログを作り始めてから最初のうちは、
よくHTMLのテンプレートやCSS(スタイルシート)に記入する
『タグ』文章の書き方を間違えて覚えてしまっていたり、
誤字脱字のミスをしてしまう事も多くなりがちなものです。

特に多い書き間違えが、タグがちゃんと<>で閉じられずに、
文字の大きさや色、画像などのコンテンツの表示があちこち変わってしまい
ページ各所のレイアウトが崩れてしまうパターンです。

他に、<head>領域や<body>領域にはそれぞれ必要なタグ要素があるのですが、
これらが書かれていないと、モニタ画面で見る分には目立たず問題ない場合でも、
HTML文法の上では大きなマイナスになってしまい、ロボット検索エンジンなど
大手の外部サイトからの評価が低くなってしまう可能性も高いのでご注意下さい。
初心者向け簡単技法 |
ネットの外でホームページを広める技法とは?
ホームページのアクセスを上げる集客活動は、何もインターネットの中だけでしか
行えないとは限らず、ネット外のオフライン上でも色々とできる事はあります。

その代表的な手法の一つとして、まずサイトの「URLアドレス」をビラや広告紙
といった紙の媒体に書き込んで、印刷して配布していく方法があります。

最近ではよく店頭のパンフレットや街頭で配られているビラやティッシュ、
ポストに入っているチラシ、雑誌の記事下といった紙面にウェブサイトの
URLアドレスが書かれていますよね。ああいった広報の手法もあり、
有名な企業のホームページにおいても、紙媒体に向けての宣伝活動が行われています。
SEM マーケティング |
人気SNSからリンクしてもらうとアクセスを得られる?
近年ではSNS(Social Network Service:ソーシャルネットワーキングサービス)が
全盛期とまで言われるほど人気が高く、Facebooや、MySpace、mixiをはじめ、
数多くの会員登録制のSNSサービスがインターネットで提供されています。

SNSの特徴の一つとして、ウェブ上ではSNSの中のページの大部分が非公開
となっていて、会員にのみ閲覧できる内包型の提供サービスが多くあります。

そのため、GoogleやMSN、goo、Biglobe、Yahoo!JAPANといった検索エンジンに
インデックス登録がされていないため、ウェブ検索では内部コンテンツが
検索結果に引っかからず、またSNS内部のページからリンクをしてもらっても、
SEO対策としての効果はほぼ得られません。(Twitterは検索結果に表示されます。)

ですがご存知、ソーシャルネットワークは「共有」するウェブサイトであり、
大勢の人が見に来てくれるため、その中でリンクを貼ってもらうことで、
アクセスをたくさん得られる事も多いです。
SNSと連携 |
リンク先のホームページが閉鎖されていたら?
自分のホームページの中に参照としてリンクを貼っている外部ページ、
または相互リンクをしている相手先のサイトをある日覗いてみたら、
いつの間にかページが閉鎖されていたり、ホームページが無くなって
ドメインがリンク切れになっていた、という場合について。

インターネット上にはHPやブログ、掲示板などが数多くあるのですが、
管理者の事情やウェブサービスのサービス終了、サイトアドレスの移転
といった理由によりいつかは閉鎖されてしまう場合もまた多いです。

管理者の方から告知のメールやコメント書き込みが来ずに、トップページでの
閉鎖告知の期間の後でそのまま閉じてしまわれる場合も実際に多くあります。
そうなると、気づかないうちにリンク切れが一つ、二つと出来てしまいます。

リンク切れは不良コンテンツと扱われるため、SEOの評価を下げてしまい
GoogleやYahoo、MSN、gooなどの検索エンジンでの表示順位が下落して
アクセスが下がってしまうおそれがあります。
移転・リニューアル |
PING送信ができない原因とは?
ホームページやウェブログの新着情報や新規作成した記事ページを
PING送信機能を使ってロボット検索エンジンや大手ポータルサイトに告知する際、
なぜかPINGがちゃんと送信できない、というトラブルの原因について。

まず、PING一括送信のソフトウェアのツールを使っている場合、
新しいページのURLアドレスとページタイトル、説明文がしっかりと
入力項目に記述できていないためにエラーや送信ミスが起きている事があります。

URLの文字で最初や最後の部分が抜けていたり、余計な文字が加わっていないか
確認してみましょう。

PING一括送信サービスでなぜか送れない、という場合は、一時的に
システムがメンテナンス中であったり、エラーを引き起こしていないか、
あるいはアカウントが正常に登録されているかサイトで確認をされてみて下さい。
ping送信手順 |
初めてブログを開設する時は?
ウェブログ(BLOG)は記事を更新してページを増やしていき、リアルタイムな
コンテンツをユーザー側にお届けしたり、自動的に内部リンクや更新の告知が
作成されていくのでとても便利なウェブツールのサービスです。

まずは、インターネット上のポータルサイト等で実施されている数多くの
ウェブログサービスを色々見て、ご自身に合いそうなものを選んで
サービスのアカウントを登録します。
BLOGの運営管理 |
サイトをリニューアルする時の注意点
ホームページやブログの管理人初心者のうちは、作ってから最初の段階で
まだあまりコンテンツが充実しきれず、全体の構成やデザインも十分でない事が
多いため、時々リニューアルを行いながら発展させていくのがポイントです。

改装する主な箇所
  • 壁紙や装飾のデザイン変更
  • 誤字・脱字の修正
  • サイトマップを作成
  • ページタイトルの最適化
  • 文章の追記
  • コンテンツを増強
  • リンク切れチェック

ただ、今までのコンテンツが訪問者・SEO的に十分に評価されているページを
うっかり変更すると、かえってアクセスが下がってしまう箇所が出てくる
可能性もありますので、リニューアルする前の状態の長所を一度じっくりと
確認してから改装作業に入る事も大事です。
移転・リニューアル |
鹿児島県のSEO対策サービス業者
鹿児島県内に事業所を置かれています、SEO対策・ホームページ制作の
サービス業者一覧リストです。

鹿児島市をはじめ、県内の周辺地域や付近の九州地方にお住まいの方、
またお勤めの方でしたら、お手持ちのホームページのアクセスアップや、
新しいウェブサイト制作の際にお役立ていただけましたらと思います。

新規掲載のご依頼も随時承っていますのでお気軽にコメント欄にお書き込み下さい。
サポート業者 |
Facebook(フェイスブック)登録でのビジネス活用
Facebook(フェイスブック)とは2011年現在、世界最大の登録ユーザーを持つ
アメリカ合衆国の大型SNS:ソーシャルネットワーキングサービスです。
インターネットの契約プロバイダで提供されている電子メールアドレス、または
普通のフリーメールアドレスがあれば、13歳以上で誰でも簡単に登録ができます。

登録ユーザーになるとMixi(ミクシィ)やMySpace(マイスペース)といった
他のSNSと同じく独自のアカウント名とマイページを取得できて、
様々なコミュティツールを使っていく事が出来ます。

ただしFacebookでは基本的に、実名と個人情報の登録が必要になります。
(実際の姓名のバリエーションであるニックネームは何とか使用できますが、
 原則としては本名の記入がルールとなります。)

日本国内で流行しているSNSといえばTwitterやmixiなどが先頭に挙げられますが、
Facebookの場合は、実名や顔写真を載せる抵抗感や、外国語の苦手な人の多さ、
全体的に日本人と海外との人間関係の少なさなどが理由で、現在のところは
まだ他の大手SNSと比べて国内で浸透していないのが現状です。

中でもやはり、匿名でアカウントを登録できるほかのSNSやブログサービス
の方が抵抗感が無くて安心できる、という具合の日本人の国民性による理由が
大きいかと思われます。

ですが日本人の企業家や活動家、ビジネスマンの方で、諸外国に向けての
コミュニケーションやインターネットビジネスに活用されている方は大勢おられます。
Facebook フェイスブック |
コメント投稿で貼るURLリンクはSEO対策になる?
ブログやSNSのページに設置されている『コメント投稿フォーム』には、
ウェブサイトのURLアドレスを貼って書き込む枠が設置されている所も多いですね。
『URL』のフォーム部分にウェブアドレスを貼ると、コメントを投稿した後で
名前やタイトル、文章とともに、そのURLのリンクが表示されます。

これで被リンクが1個作られる事になるのですが、コメントフォームは
普通は仲のいいサイト管理者同士の交流や、ホームページ紹介コーナーへの投稿
などの目的で設置されていますので、もともとSEO対策のための機能ではありません。

そして、大手検索エンジンもまた、コメント欄に貼られているURLリンクは
あまりSEO的に評価していない傾向も見られます。
管理者によってはURLリンクが表示されないようにしているサイトもあります。

またブログサービスによっては、自動的にHTMLのリンクタグに、
検索避けのタグが貼られるようになっているコメント機能も多いです。
外部被リンク効果 |
文字色をスタイルシートで変更する方法と注意点
ホームページのコンテンツの要と言えるテキスト文字は、ページの見出しや説明文、
本文の文章やヘッダー(最後尾)の後付けなど様々な用途で打ち込んで作成します。

文字の色は例えば通常は白紙の背景色でしたら黒文字にするなど、
背景色と文字色が相反する色にして双方を目立たせるように設定するのが基本です。
文字に色をつけるには以下のようなタグを付ける事で変更できます。

フォントの変更用タグ


① <span style="color:#336666">文字</span>  実用例
② <font color="green">フォント</font>  実用例
(<>は小文字にして記入して下さい。)

特定の単語や文章に色を指定する時はここのタグで良いのですが、
各ページごとのタイトル文章(見出し)や、フッターやヘッダー部分、リストなど
決まった部分に同じ文字色に変更したいときには、<div>タグなどを用いて
スタイルシート(CSS)のページで指定すると簡単で、HTML的にも有効です。
CSS スタイルシート |
ソーシャルネットワークサービスでのSEO評価
ソーシャルネットワーキングサービス(SNS:Social Networking Service)は、
ソーシャル(社会の、親睦のための)という意味で、それをインターネットで
交流ができるように提供されたウェブサービスの事です。
略称でよく『SNS』、また『ソーシャルネットワークサービス』とも呼ばれます。

代表的なものは近年で世界的に有名になり、最も利用者数が多い
Facebook(フェイスブック)や、MySpace(マイスペース)、Twitter(ツイッター)、
Mixi(ミクシィ)、Orkut(オークット)、Frickr(フリッカー)をはじめ、
他にも各国おき、ジャンルおきに大小無数のソーシャルメディアが存在しています。

公開/非公開ページの違い


SNSのうち会員登録制であるサービスが大半で、新規ユーザー登録で
ログイン用アカウントを取得しなければページが閲覧できないものが多いです。

ですが中にはTwitterをはじめとするつぶやき型ミニブログのように、
誰でも自由に閲覧可能なページもあり、またそれらのサービスは
その多くがGoogleやbingの検索結果にもインデックスされて反映されてます。

しかし逆に言えば、mixiのように会員以外は非公開状態になっている
ソーシャルネットワークサービスのウェブページはロボット検索エンジンには
トップページ等を除いてほとんど登録されません。

そのため、閲覧できるのが会員限定のページで作成したコンテンツは
GoogleやYahoo!Japan、MSN、goo、biglobeでは直接検索結果に出てこないため
SEO的な評価を直接得る事ができません。

なのでSNSで作ったページのアクセスを得るには基本的に、
そのコミュニティ内部での交流を広げるか、または外部ドメインのページに
個別のリンクを貼って、SNSの会員限定、という前提でユーザーの方への
呼びかけをする、という方法になります。
ソーシャルブックマーク |
誤字脱字の文字打ち間違いミスを訂正する必要性
ホームページやブログ、掲示板を作成されてから、沢山のページを順に作って
インターネット上にアップロードしていくうちに、時々見直してみると自身でも
気づいていなかった誤字や脱字が数多く見つかるかと思います。

新しいページを作ったばかりの時は見つからなくても、後から文章を
読み返してみると実際、思っている以上に文字の打ち間違いが多いものです。

GoogleやYahoo!JAPAN(今はグーグルの検索システムに変更)、
MSN(bing)やASK、goo等のロボット型検索エンジンは、
まずホームページの各ページにあるタイトルやMETAタグの説明文、
そしてbobyの領域に書かれているテキスト本文を読み込んでサーチ対象とします。

ページ内の文字や文章がしっかりと丁寧に多く書かれているサイトは
基本的に、キーワードの組み合わせなどで検索エンジンの結果表示に
ヒットしてアクセスをたくさん得やすくなる仕組みです。

ですが、誤字脱字が多い変な文章になってしまっていたり、
一つの説明文として何か段落や起承転結などの構成がおかしいと、
検索エンジンからの評価が本来よりも得られない場合もあります。
内容の診断 |
ネットニュースを見て更新ネタを収集する手法とは?
インターネットでは、MSN産経ニュースやlivedoorニュース、Ameba News、
CNN.co.jp、gooニュース、エキサイトニュース、Infoseekニュースなど、
各大手ポータルサイトで最新のニュース、トピックスが提供されています。

またtwitterや2ch、YouTubeやニコニコ動画、他SNSや個人運営の速報サイトでも
それぞれ独自の新着速報がリアルタイム、またはそれに近いスピードで
どのメディア媒体よりも素早く流れてきて視聴できるのが便利です。

またテレビや新聞では報道されていないような小ネタや豆知識ニュースも
各特報提供サイトによってそれぞれ個性的な記事が発信されています。

ご自身の作成されたホームページやブログですでに何十、何百ページと
コンテンツを作成されていて、ある時ネタに詰まってしまった時には、
こういったネットニュースサイトをチェックしてみて、ご自身のHPと
内容が近い記事を探してみて、新着ニュースを見て参考にするのもお薦めです。
BLOGの運営管理 |




【各種案内】 [サイトマップ]  [ヘルプ]  [免責事項]  [著作権]  [お問い合わせ]  [用語集] 

URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。