サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[検索エンジン最適化]の頁です。製作したホームページやウェブログをインターネット上で公開して広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
新規ページが検索エンジンに登録されない時は?
新しくサイト、または新規ページを作成してインターネットの
ファイルマネージャにアップロードした後、ある程度待ってみて
GoogleやYahoo!JAPAN、bingなどの大手検索エンジンに
なかなかインデックス登録されない、という場合について。

まず、ホームページは作った最初のうちはページやリンクも少ないためすぐには
登録されにくく、特にYahooやbingは登録申請後、1~2週間は掛かる事もあります。
なるべく早く登録されるようにするには、GoogleやYahooにすでに
インデックスされたページからリンクを貼ってもらうのが最も効果的です。

トップページなど重要で披リンクの多いページからリンクされるのが
特に早いですが、トップページリンクを受け付けているHPは最近では少ない傾向で
難しいため、ご自身で運営されている他のウェブサイトでもOKです。

また、ブログなどの場合はpingの送信でロボット検索エンジンに
更新ページの詳細を送信する事でも高い効果があります。

トラックバックやRSS配信もインデックス登録に高い効果がありまして、
ある程度大きくなったサイトでしたらアップロードしてから
数十分~一日以内と、すぐにインデックス登録してもらえるようにもなります。
新規ページが検索エンジンに登録されない時は? の続きを読む


スポンサーサイト
検索エンジン最適化 |
下層ページの検索エンジン登録状況をチェックするには?
ホームページやウェブログの規模をどんどん拡大していくと、
インデックス(トップページ)より下にある下階層のディレクトリページが
大分増えていきますね。

GoogleやYahoo!JAPANは一ヶ月くらいの周期でサイト内の下位ページも
アルゴリズムで巡回して情報を拾って登録していくと言われています。

しかし、トップページから内部リンクを数回クリックしなければ辿り着けない
くらいに奥の階層にあるコンテンツや、どこからもリンクが貼られていない
孤立状態のページは登録から取りこぼされてしまう場合があります。

また、長期間更新がまったく無いページも、時間が経つにつれて
検索結果からいつの間にか消えてしまう場合もありますので、
サイト内部の構成と管理もわりと重要です。

HPドメイン以下のすべてのページがどのようにインデックス登録されているかを
チェックするには、いくつかの方法があります。

まず、代表的な探し方として、検索窓に

site:トップページURL


と入力して検索してみましょう。

一例:『site:http://whiteway.blog103.fc2.com/』

グーグル・ヤフージャパン・bingの全てでこの技法が使えます。

現在、そのロボット検索エンジンに認識されているすべてのの内部ページの
一覧がすらっと表示されます。
50件・100件表示に設定を変更すると、より見やすくなるでしょう。

ただ、Yahoo!Japanの場合は『site:』を付けずに
トップページのURLだけそのまま貼り付けると少し違った検索結果が開きまして、
どちらかといえばこちらの方が数が多く、正確な評価順位で表示されます。

この中で、結果に出ていないページがありましたら、今度は
『site:表示されていない下層URLアドレス』と検索してみます。

それでも「見つかりませんでした」と出ている場合はインデックス登録が
されていない状態にありますので、そのページの構成を見直してみたり、
トップページやサイトマップからリンクして巡回されやすくすると良いでしょう。
検索エンジン最適化 |
ロボット型検索エンジンへのサイト表示方法とは?
ロボット型検索エンジンとは、インターネット上の空間をクローラーという
ウェブ探索システムを用いて情報収集を行い検索データベースに拾い集めて
登録する、検索ロボットを導入したサーチエンジンの事です。

主にGoogle、Yahoo!JAPAN、MSN JAPAN(bing)、ASKなどの検索エンジンがあります。

(Biglobe・goo・nifty・infoseek・au-one等にはGoogleのシステムが導入されています)
検索エンジン最適化 |
検索エンジンごとのシェア(利用者数)の割合とは?
最大手の検索エンジンはGoogle・Yahoo!JAPAN・MSN JAPAN・excite・goo・Biglobe・
nifty・infoseek・au-one・AOLなど沢山あります。

この中で世界的に最も利用者数が多い検索エンジンはGoogle(グーグル)で、
その次はYahoo!(ヤフージャパン)と言われています。

Googleはここ最近で総プレビュー数がなんと1兆アクセスを越えたと聞きました。

では日本だけで見ると各検索エンジンおきの利用者数の割合はどれくらいなのか?
という疑問について。
検索エンジン最適化 |
検索エンジンを探すに当たってのコツは?
[ディレクトリ型検索エンジンへのサイト登録は最もアクセスアップの効果が
長続きする方法ですね。

地道かつ時間のかかる作業で即効性があるという程でもないのですが、
確実にアクセス向上とSEO対策の基本的効果が得られます。
検索エンジン最適化 |
サーチエンジンのカテゴリーおきのサイト登録とは?
[検索エンジンのカテゴリ登録について]
昨日から今日にかけて、運営しているサーチエンジンのカテゴリ増設作業をしました。
開設初期は650程だったのですが今は3倍以上の2000余りに膨れ上がりました。

最初は600~700くらいあればとりあえず大丈夫かなと思ってたのですが、
大手Yomi-Search系サーチエンジンではカテゴリ数が3000~4000以上の所もあり、
中には総カテゴリ数10000以上の所も発見しました。
検索エンジン最適化 |
検索エンジン登録の記入事項に書き込みする時の手法
ブログ、サイトをサーチエンジンやランキングに登録する時、
まずは記入する必須項目が沢山ありますね。

  • お名前
  • メールアドレス
  • パスワード
  • ホームページアドレス
  • タイトルバナーのURL
  • ホームページのタイトル
  • ホームページの紹介文
  • 相互リンク先アドレス


これら全てを記入するのに、普通に行うと1件につき数分以上かかってしまいます。

クッキーを使えば半分ほどの手間が省けますが、全てのサーチエンジンで
クッキーが反映されるというわけでもない部分もあります。
検索エンジン最適化 |
管理人運営のサーチエンジン紹介
まずアクセス向上・SEO対策方法のピックアップの前に、私が最近運営を
始めたSEOサーチエンジンをご紹介します。
カテゴリ登録は成人向け等規制のあるサイトでなければほぼ全てのジャンルで
広くサイト登録を受け付けています。
検索エンジン最適化 |






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-category-3.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。