サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[PAGE構成の手法]の頁です。製作したホームページやウェブログをインターネット上で公開して広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
キーワードタグで作られる量産ページの効果
ウェブサイトの中で、『ブログ』や『SNS』、『ソーシャルブックマーク』などの
サービスでは、区切りの関連キーワードごとに作られた「タグ」という
量産タイプの特殊なページが自動的に沢山作られていく所も数多くあります。

タグページはご自身の持つサブドメインの下階層として作られるものもあれば、
本家サービスのサブドメインか下階層として出来るものまで様々です。

ご自身が管理されているブログ等のドメイン内にあるタグページなら、
それらもサイトの一部になるので内部ページ自体は沢山増えていきます。

逆に自分のドメインの外に作られるタグページは、サイトの外部にあるので
ブログサービスの場合は一応、同一の親ドメイン内ではあるのですが
ご自身のサイトの中のコンテンツとしては扱われません。
キーワードタグで作られる量産ページの効果 の続きを読む


スポンサーサイト
PAGE構成の手法 |
ウェブページの表示が重すぎると訪問されにくくなる?
インターネットでサイトを巡回していると、開くのに10秒以上も
時間がかかってしまう重いページが出る時が、たまにありますよね。

最近のネットワーク回線がとても高速なモデムやブロードバンドサービスを
使用していても、重いページはやはり開くのに時間がかかるものです。

もちろんパソコンのスペックやネット環境が良ければ時間は短縮できるのですが、
他の訪問者の方が高速でウェブブラウザを展開できる環境を
お持ちである、とも限りません。

そのため、ホームページやブログを作成してネットにアップロードする際には、
どなたでもスムーズにサイト内ページを開いて巡回する事ができるように、
ある程度ページを軽くする事も大切です。

表示を軽くする方法


コンテンツを表示するのが遅くなりがちなiframeやjavascript、
貼り付け動画や重いサイズの画像ファイルタグなどはあまり多く貼りすぎず、
いくつかのページに分散して適当にコンテンツ分けをされると、
ページの重さも軽減できます。

テキストリンクも1頁に何百~何千個もあると重くなりますので
検索エンジンの基本的な基準に基づいて、100以下に抑えるようにしましょう。
PAGE構成の手法 |
HP内のページ数や内部リンクが多いほどSEOに良い?
ホームページ(ウェブサイト)とは、訪問者や検索エンジンのクローラーから見て
まず先頭にトップページ(インデックス・見出し)があります。

次にディレクトリ下部の各コンテンツページがリンクを辿る段階おきに下の階層
(一階層、二階層、三階層~)にページ同士のリンクが繋がっていく、
という全体構成になっています。

TOPページのみならず、下層に位置する各ページもロボット検索エンジンに登録
される事でサイト全体のSEO評価が向上します。

また、サイトの内部ページに繋がるリンクタグを『内部リンク』と呼び、主に
各ページの下部にトップページに戻るためのリンクを置くなどすれば
INDEXページの検索エンジン評価がさらに向上します。
PAGE構成の手法 |
外部発リンクを貼りすぎるとアクセスダウンが起きる?
他のページや外部ドメインサイトへのリンクは貴重なコンテンツの一つで、また
テキスト文章のリンクは特にサーチエンジン最適化にも重要な要素になります。
しかし逆に貼りすぎてしまうと、ヤフージャパンやグーグルでのSEO評価が
下がってしまうので注意が必要です。
PAGE構成の手法 |






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-category-37.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。