サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[内部のクオリティ強化]の頁です。製作したホームページやウェブログをインターネット上で公開して広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
訪問者のサイト滞在時間が長いとSEO対策に良い?
ここ最近では、大手検索エンジンがサイトの検索順位を決める基準の
一つとして、ページやサイト全体に対して訪問された方が平均的に
どれくらいの時間をかけて閲覧していったかで評価されると言われています。

ユーザーの留まる時間による評価


そのページに入っても数秒で直帰されたり別の外部ドメインサイトに
移動されてしまう事が平均的に多いと、GoogleやYahoo!JAPANでも
コンテンツ性の低いサイトと判断されてしまう可能性もあるという事ですね。

たとえ本来は中身が充実していたとしても、デザインやテキスト配置が
良くないためにせっかくの内容が十分に見てもらえない、という
場合もありますので、見た目のカスタマイズや工夫もSEO対策の一つとして
必要になってきます。

ページを長く見てもらえるようにするコツ
  • テキスト文章を多くする
  • 読みやすいように工夫して記入する
  • ウェブデザインはイメージ良く作る
  • 映像動画を加える
  • 外部リンクは新しいウィンドウに設定する
  • 内部リンクは見やすく配置する
  • 画像は重くし過ぎない
  • 宣伝を煽りすぎるコメントは控える
  • 1Pごとに個性付けを行う
  • 箇条書きや段落分けを活用する

訪問者のサイト滞在時間が長いとSEO対策に良い? の続きを読む


スポンサーサイト
内部のクオリティ強化 |
コンテンツ性の低い量産・動的ページを改善するには?
PHPやCGI、ブログサービスなどのウェブページ製作システムを用いて
サイトを構築していくと、知らず知らずのうちに量産タイプの動的ページや
サブコンテンツのページが出来上がっていて、GoogleやYahoo!Japanの
検索エンジンにもいつの間にかインデックス登録されている事があります。

ホームページビルダーなどのHP製作ソフトウェアで1ページずつ丁寧に
作っていく場合はあまり無い事例なのですが、自動的に様々な
ディレクトリページが生成されていくウェブツールを使用すると、
時々出てくる事です。

ブログで生成されるページ


例えばウェブログでは基本的なコンテンツとして、
  • トップのINDEX
  • エントリー記事
  • カテゴリー
  • RSSフィード
  • サイトマップ
  • 月別・日付ログ

このあたりがメインのコンテンツになりますのでここまでは良いです。

しかしこの他に、タグページやサーチ検索結果、コメント編集ページ、
過去記事を5~30くらいの区切りで1ページずつ遡っていくコーナー、
またエントリーやインデックスとほとんど同じ内容のページが
URLアドレスの違いだけでいくつも量産されている事もあります。
内部のクオリティ強化 |
文章の引用にそのままコピペで済ますのは良くない?
インターネット上に公開されているウェブページは基本的に、
文章が長くて様々なキーワードがバランスよく詰まっているほど
検索エンジンやユーザー側にも高く評価されます。

そして情報量が豊富で、なおかつ役に立つ記事であるほど更に評価も高まり、
外部リンクや上位表示もされやすくなるでしょう。

しかしそこで一つやってはいけない事、強いてはこれをすると逆効果に
陥りやすい、という手法がありますので注意が必要です。

それは、他の外部サイトからテキストやコンテンツをそのまま右クリックで
コピーして、自分のサイトに貼り付けて公開してしまうやり方です。

コピーペーストの注意


そのサイトに著作権についての事が書かれていなくても、それ以前に
ネット上でのルールとマナーの違反行為といえますので止めましょう。

では、『こちらのページから引用しています。』と書いて参照リンク先も
貼っておくとOK?という質問なのですが、

この場合は、コピペで貼る文章の量が数行以内で少なければギリギリで
セーフなラインですが、あまり大量に貼り付けすぎるとスパム扱いを
受けるおそれもありますので良くありません。

また、サイトの著作権に関する禁止事項が書かれていたら必ず
その基準に従いましょう。

しかし、そもそもコピーペーストでそのまま引用や転用をするやり方や、
ただ参考先としてのリンクを貼り付けるだけのやり方は、
コンテンツのオリジナル要素を下げてしまい、せっかく作った新ページも
検索エンジンからの評価が得られない事が多く、少なくとも
二番煎じのページ、という意味でほぼ上位表示はされない事でしょう。
内部のクオリティ強化 |
個性的でオリジナリティの高いページを作ると良い?
ウェブサイトのページの内容はあまり、ありきたりな感じであるよりも、
オリジナルの要素が強い個性的なコンテンツのあるものが
高く評価されやすくなります。

いまやインターネットには数十億ものサイト・ページがありまして、
それぞれのジャンルにも無数の専門サイトが存在します。

ライバルサイトとの競合


Yahoo!JapanやGoogleで適当なキーワードを検索すると、
数千件~数十万件もの膨大な検索結果の数が表示されますよね。

これだけの数の中では、自分の作ったページが他の外部サイトのページと
似たり寄ったりになってしまう場合もあり検索エンジン検索結果の
上位にもなりづらく、複合キーワードでもなかなか上手く上がらない事もあるでしょう。

特に、内容が少ないページや別のHPの引用文だけで作られたページは
非常に評価が低くなりやすく、あまりお薦めは出来ません。

そこで、なるべくHTMLソースは個性的な作りで、文章にはオリジナルティを
持たせて他のサイトにはないコンテンツ作りを目指していくと
ユーザー側と検索エンジンの両方からの評価も高くなっていきます。
内部のクオリティ強化 |
動的ページより静的ページの方が良い?
ウェブサイトのアドレスは、静的ページと動的ページという
種類に分かれていて、このうち静的ページの方がロボット検索エンジンに
評価されやすい事をご存知でしょうか?

固定されたアドレスの優先性


静的ページとはいわゆる固定されたURLアドレスのページで、
動的ページはアドレスに?や&が含まれていて、検索結果ページなどで
自動的かつ一時的に生成された固定されていないページを指します。

Yomi-Search(ヨミ・サーチ)やxoops(ズープス)といった
プログラムが特に有名ですね。

動的ページは基本的にGoogleやYahooにインデックス登録がされにくく、
多くの場合で特にグーグル検索結果にはあまり登録されないため
SEO的な効果は低い傾向にあります。

逆に、?や&、%といった記号が含まれていない静的に生成されたページは
優先的にインデックスがスムーズに行われる傾向にあります。

しかし、タグ文字などで量産されたタイプのページは
評価が低かったり、グーグル検索に登録されない場合もあります。
内部のクオリティ強化 |
テキスト文章の書き方はわかりやすく間隔を空けると良い?
インターネットのウェブページを閲覧される時、
どういったサイトが読みやすいでしょうか?という質問について。

閲覧者側に読みやすい文脈の作り方


まず、ホームページは書かれている文章テキストのキーワードで
検索されて、ユーザーが来訪します。

リンクやサーチからHPに入室してまずは、
表示されている画像やテキストを閲覧します。

しかしここで、文章に改行や段落分け・句読点・拡大フォント等がなく
ひたすら長い文脈が記されていると、閲覧者側にとっては
読みにくく感じられてしまいます。

また、度の部分が重要であるかもわかりづらいです。

読みやすくわかりやすい文章ページを作成するには、
まずはテキストを適当な位置で一~二行分、改行してみましょう。
内部のクオリティ強化 |






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-category-46.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。