サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[2010年04月]の日付頁です。ホームページやウェブログのURLアドレスをインターネット上で公開して広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
訪問者のサイト滞在時間が長いとSEO対策に良い?
ここ最近では、大手検索エンジンがサイトの検索順位を決める基準の
一つとして、ページやサイト全体に対して訪問された方が平均的に
どれくらいの時間をかけて閲覧していったかで評価されると言われています。

ユーザーの留まる時間による評価


そのページに入っても数秒で直帰されたり別の外部ドメインサイトに
移動されてしまう事が平均的に多いと、GoogleやYahoo!JAPANでも
コンテンツ性の低いサイトと判断されてしまう可能性もあるという事ですね。

たとえ本来は中身が充実していたとしても、デザインやテキスト配置が
良くないためにせっかくの内容が十分に見てもらえない、という
場合もありますので、見た目のカスタマイズや工夫もSEO対策の一つとして
必要になってきます。

ページを長く見てもらえるようにするコツ
  • テキスト文章を多くする
  • 読みやすいように工夫して記入する
  • ウェブデザインはイメージ良く作る
  • 映像動画を加える
  • 外部リンクは新しいウィンドウに設定する
  • 内部リンクは見やすく配置する
  • 画像は重くし過ぎない
  • 宣伝を煽りすぎるコメントは控える
  • 1Pごとに個性付けを行う
  • 箇条書きや段落分けを活用する

訪問者のサイト滞在時間が長いとSEO対策に良い? の続きを読む


スポンサーサイト
内部のクオリティ強化 |
質の良いアクセスはポータル検索サイトを中心に訪れる?
世界中にいるインターネットのユーザーの方々に、自分のホームページに
来訪してもらうには、別のウェブページからのリンクや
URLアドレスの登録サービスといった辿り道を作っていく必要があります。

しかし来て頂けている方全てがじっくりとサイトの各所を見て回って
リアクションを起こしてくれるとは限らない点もあります。

訪問者のページ内での行動


1ページを閲覧したのみで終わりの場合もあれば、3秒以内に
ブラウザを閉じたり別のページに飛ばれて直帰する、といった事もあり、
人によって様々なリアクションがあるでしょう。

例えばご自身の場合でしたら、普段どのような行動パターンで
ネットサーフィンを行っているかを見直されてみると、
ユーザー側のチェック状況がわかりやすいかと思います。

色々なWEBページを巡っているうちに、特に意味は無くたまたま
サイトに来られた方の場合、ページの内容が余程目を引くものであったり、
趣味に合っているコンテンツでない限りは すぐに他のサイトに
移っていかれる事が多いです。

ですが、何か探し物や調べ物があってYahoo!JapanやGoogle、MSNなど
ロボット検索エンジンを運営されている大手のポータル検索サイトから
検索窓を使って来られている方でしたら、そのキーワードに関連する
個別ページに辿りついて、コンテンツや他のページをじっくりと見て
回ってもらえる割合も大きくなります。
優良トラフィック |
コンテンツ性の低い量産・動的ページを改善するには?
PHPやCGI、ブログサービスなどのウェブページ製作システムを用いて
サイトを構築していくと、知らず知らずのうちに量産タイプの動的ページや
サブコンテンツのページが出来上がっていて、GoogleやYahoo!Japanの
検索エンジンにもいつの間にかインデックス登録されている事があります。

ホームページビルダーなどのHP製作ソフトウェアで1ページずつ丁寧に
作っていく場合はあまり無い事例なのですが、自動的に様々な
ディレクトリページが生成されていくウェブツールを使用すると、
時々出てくる事です。

ブログで生成されるページ


例えばウェブログでは基本的なコンテンツとして、
  • トップのINDEX
  • エントリー記事
  • カテゴリー
  • RSSフィード
  • サイトマップ
  • 月別・日付ログ

このあたりがメインのコンテンツになりますのでここまでは良いです。

しかしこの他に、タグページやサーチ検索結果、コメント編集ページ、
過去記事を5~30くらいの区切りで1ページずつ遡っていくコーナー、
またエントリーやインデックスとほとんど同じ内容のページが
URLアドレスの違いだけでいくつも量産されている事もあります。
内部のクオリティ強化 |
Twitter-ツイッターのリアルタイムな宣伝効果とは?
ここ最近、世界中で爆発的な人気と知名度、利用者数の上がった
Twitter(ツイッター)とは、一言つぶやきを主とするミニブログのような
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。

140文字以内の投稿で、パソコンやモバイル端末からいつでも
気軽につぶやいて更新し、また他のユーザーをフォローしたり
フォローされる情報交換機能や、ツイート、返信、ダイレクトメッセージ、
リスト、リツイートといった多くのコミュニティ機能があります。

また、Twitpic(ツイピク)という、写真・画像のアップロード投稿を
行える連動サービスもあります。

つぶやき機能の利点


Twitter最大の特徴は何と言っても、最新情報をリアルタイムで
閲覧する事ができる要素で、例えばフォローしているユーザーが
何か新しくつぶやきを書き込んで更新したら、その瞬間に
ツイートが自分のアカウントページから見ることが出来ます。

フォローされている数が数十、数百と多ければ多いほど、
大勢のユーザーに見てもらえまして、
またつぶやきの投稿枠にリンクアドレスを貼る事も可能です。
Twitter ツイッター |






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-date-201004.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。