サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[nofollow属性タグの使い方と見分け方]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
nofollow属性タグの使い方と見分け方
a属性のリンクタグには、検索エンジンに被リンク効果を送信しないようにするための
「nofollow属性」(ノーフロー)という要素を
テンプレート(HTMLソース)の中で使う事が出来るのをご存じでしょうか?

そのうちの一つはmetaタグの
<meta name="robots" content="nofollow">という要素です。

head部分にこのリンク避けのメタタグを貼っておくと、
これを貼ったページにあるすべての[<a href=""></a>]のリンクは、
SEO的な被リンク効果を無くす事できます。

しかしこのmetaタグの場合だと、あまり必要のない外部リンクだけでなく、
自サイトに必要な必要な内部リンクの効果まで失う仕様になります。

そこで、個別のリンクタグごとに被リンク効果の有無を決めるための
「rel="nofollow"」というタグ要素があります。


具体的な使い方としましては、a要素のリンクタグ内に
「rel="nofollow"」の検索避けタグを加える時にソースをこのように記述します。

<a href="URL" target="_blank" rel="nofollow">テキスト</a>

これで、このリンクのSEO効果は無効化されて、
GoogleやYahoo!JAPANでの評価は無くなります。

あくまでSEOとしての効果を無くすだけなので、
Googleウェブマスターツールなどの外部被リンクの集計機能では
nofollow効果の付いたリンクもカウントされています。

nofollow要素の有無を見分けるには、ページのHTMLソースを
右クリックで表示して、headのmetaッタグ部分やbodyのリンクタグを
確認してみるとわかります。

rel="nofollow"の検索避けタグは日本ではまだあまり使われていないのですが、
海外のSNSサイトなどではスパム対策等のために、よく使われています。

Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)などの
大手SNSで貼ったリンクにはこの検索避けの要素が自動的に追加される事が多いですね。

しかし、直接的に被リンクのSEOの効果が無くても、
ソーシャルネットワーキングサービスで話題になっているページという事で
間接的に違うURLアドレスからリンクをしてもらいやすくなります。

またSNSで人気がある、という事で、通常とは別の統計の部分で
検索エンジンに評価してもらえる可能性もあります。
外部被リンク効果 | リンク
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-103.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。