サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[検索エンジンごとのシェア(利用者数)の割合とは?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
検索エンジンごとのシェア(利用者数)の割合とは?
最大手の検索エンジンはGoogle・Yahoo!JAPAN・MSN JAPAN・excite・goo・Biglobe・
nifty・infoseek・au-one・AOLなど沢山あります。

この中で世界的に最も利用者数が多い検索エンジンはGoogle(グーグル)で、
その次はYahoo!(ヤフージャパン)と言われています。

Googleはここ最近で総プレビュー数がなんと1兆アクセスを越えたと聞きました。

では日本だけで見ると各検索エンジンおきの利用者数の割合はどれくらいなのか?
という疑問について。

各サーチエンジン利用者数の割合



以下の統計データは2008年4月 :ニールセン・オンラインの調査結果です。

  • 1位:Yahoo!JAPAN 56.2%
  • 2位:Google 31.3%
  • 3位:BIGLOBE 3.8%
  • 4位:MSN 2.8%
  • 5位:goo 2.0%
  • その他: 3.9&
現在日本では全シェアの半数以上をYahoo!JAPANが占めている様子です。

またそれとは別にYahoo!カテゴリからのアクセスも高い見込みがあります。

GoogleはYahoo!にはまだ大きく劣るものの、以前より着実に利用者数の割合が
上昇しています。また海外ではGoogleの利用者数が大きく上回っている様です

次にGoogleのシステムを採用したBiglobe。近年ではMSNを上回る勢いでシェアが
伸びてきています。

SEO対策をするのにもこういった検索エンジン利用者数の割合を知っておくと、
非常に大きな参考になると思います。
検索エンジン最適化 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-107.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。