サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[HP内のページ数や内部リンクが多いほどSEOに良い?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
HP内のページ数や内部リンクが多いほどSEOに良い?
ホームページ(ウェブサイト)とは、訪問者や検索エンジンのクローラーから見て
まず先頭にトップページ(インデックス・見出し)があります。

次にディレクトリ下部の各コンテンツページがリンクを辿る段階おきに下の階層
(一階層、二階層、三階層~)にページ同士のリンクが繋がっていく、
という全体構成になっています。

TOPページのみならず、下層に位置する各ページもロボット検索エンジンに登録
される事でサイト全体のSEO評価が向上します。

また、サイトの内部ページに繋がるリンクタグを『内部リンク』と呼び、主に
各ページの下部にトップページに戻るためのリンクを置くなどすれば
INDEXページの検索エンジン評価がさらに向上します。

ただ、Yomi-SearchやPHPによる動的ページなどは元々SEO評価が低く、
これらのページを何千と製作してもあまり効果が得られない事もあります。

ヨミサーチなど多くの動的ページ作成プログラムはすでに広く普及しているため
他の外部サイトと内容が似通ってしまい、そのまま何も手を加えず作るだけでは
SEOの効力が得られない可能性もあります。

やはり1PおきにしっかりとタイトルからHTMLまで個性的に作成し、コンテンツも
充実させる事で確実に1ページずつ検索エンジン登録を行う事が大切です。

また、内部リンクの貼り方やページのタグ構成が悪いと、かえって
不備のあるページ同士のつながりがGoogleやyahoo!JAPAN、bingからの
順位評価を下げる事にもなりかねません。

そのため、SEO対策の支援サービス等を使い、時々ホームページ内部全体の
検索エンジン最適化チェックを行うようにしましょう。
PAGE構成の手法 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-137.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。