サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[キーワードの配置方法を間違えるとぺナルティを受ける?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
キーワードの配置方法を間違えるとぺナルティを受ける?
ホームページのHTMLタグ(ソース)の中には基本的に文字や文章を
たくさん含めるほど、GoogleやYahoo!Japanなどのロボット検索エンジンに高く
評価されて上位表示がされやすくなります。

特に人気の高いキーワードは重要で、ページタイトルや見出しタグなど重要な部分に
含める事でアクセス数もより高まります。
しかしながら単語の配置の仕方を間違えてしまうと、逆に検索結果の順位が
大きく下がってしまう事もあります。

「悪い例」
例えばページのタイトルに
『SEO対策相互リンク集:被リンクの獲得には当リンクサイトをご利用下さい!』
と、このように書いてしまうと、同じ単語(上の場合では「リンク」)が
いくつも並んでしまい明らかに過剰で不自然にキーワードを詰める事になります。

他にもブログのカテゴリ欄のようにテキストリンクがいくつも並んだコーナーで、
・ホームぺージとは?
・ホームページ製作の手法
・ホームページのSEO


と、同じキーワードを密集させた形でリンク集を作るのも好ましくありません。

同一の単語が1ページ内に20%以上も含まれていたり、近い場所に何個も
隣接していると検索エンジンからの評価が下がり、特にGoogleでは
大きな順位下落の原因となる事もよくあります。中でもトップページでこれを
やってしまうと、サイト全体の評価が一気に落ちる場合も多いので注意が必要です。

「良い例」
ウェブサイトの評価は何で決まる?|アクセスアップ・SEO対策テクニック

上記の場合、左側にサブタイトル、右側にそのHPのメインタイトルを配置するように
設定しています。ブログなど自動生成型のサイトではタイトルにキーワードが
どうしてもかぶってしまうページがいくつか出来てしまうのですが、
同じ単語が2つくらいまでならほぼ問題ありません。

ただ、同一キーワードのテキストリンクが何個も隣接してしまうような配置の仕方は
あまり好ましくありませんので、なるべくいろんなテーマでページを作るように
心がけましょう。
強調タグに入れる文字にもなるべく違う単語が入るようにした方が良いです。

意図せずにいつの間にか同じ文字が多くなってしまったり密接してしまう場合も
あるので、普段からなるべくいろんな単語をばらつかせて、
さらにできるだけ長いテキスト文章を作成していくように心がける事で
SEOにも良いページを作る事ができます。
キーワードの活用 |
コメント
タイトル
タイトルタグの全文が表示されるためには、タイトルの文字数を全角で21文字以下にする、もっとも賢明な方法はその21文字を使い切ることでしょう。またタイトルの中に半角スペースで間をとって、重要キーワードを2つ使うのは効果的ですが、3つはまったく意味ありません。(テスト済み)。
但しキーワードの羅列では検索エンジンに嫌われるようです。
sophy

Re
補足説明のお書き込みをいただけまして大変ありがとうございます。
やはりタイトルでは同じキーワードを3つ以上入れると検索エンジンに評価されなくなってしまいますよね。
半角や,などを用いた単なる羅列もよくないので、やはりある程度テーマのようにして毎ページおきのタイトルを決めるのが最適のようですね。
ellfeel2

タイトル
当エントリはタイトルに関して重要な指針を与えていますね。
>半角や,などを用いた単なる羅列もよくない
検索エンジンが「文章」を読むことは知っていますが、商用サイト(ブログ含む)では、短いタイトルで一発勝負される方を時々見受けますが、もしなにかの原因でキーワードを失ったら取り返しができません。
これを防ぐために、メインキーワードを2回、サブキーワードを一回使うとすると、(タイトル)の末尾に、半角スペースで、メインキーワードを書くのはどうでしょうか?
sophy

>sophy様
短いキーワード一つで高い検索順位になっているサイトもたまに見かけるため効果がある場合も多いのですが、逆に限定されすぎてかえって他のキーワードからアクセスを得る可能性を無くしてしまう事もあると思いますので、3~4つくらいの類似キーワードを組み合わせてタイトルを決めると特に効果的です。
また、タイトルに入れるメインキーワードは一番左側に一つあれば十分かと思います。
ellfeel2

コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-159.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。