サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[サイトのURLアドレスを移転する際の手順と注意点]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
サイトのURLアドレスを移転する際の手順と注意点
今まで使用していたホームページの容量が足りなくなってしまったり
別のドメインサービスに移行したい、また何らかの原因で大手検索エンジンから
ぺナルティを受けてしまった、といった時にはサイトアドレスを別のドメインに
移転する、という方法があります。

しかし、ただ普通にアドレスを移し変えるだけではGoogleやYahoo!Japan、MSN(bing)
などのロボット検索エンジンからのアクセスを引き継がせる事ができませんので、
リダイレクト設定のテクニックや注意点について予め知っておく必要もあります。

そこでホームページ移転に関する主な手法やポイントについて解説していきます。

まず、ホームページのアドレス移転をGoogleやYahoo、bingに告知するには
次の二通りの方法があります。

まずはhtaccessによって301リダイレクトまたは302リダイレクト行う方法。
(こちらの詳しい詳細は後日、記述していきます)

もう一つはリダイレクトタグと呼ばれる下記のメタタグ(refresh-リフレッシュタグ)を
旧アドレスのhtmlソースのhead領域に貼り付ける方法です。

<meta http-equiv="refresh" content="秒数; URL=移転先アドレス" />

基本的には『htaccess』を用いた移転告知が良いのですが、ブログのように
サイトのディレクトリにアップロードができない場合にはrefreshタグをお使い下さい。

サイト内の全ページはトップページではなく、それぞれの個別ページに
リダイレクトされるように設定される事をお薦めします。

移転先の内容は前のサイトと全く同じでも良いのですが、一応ユーザーの方のために
移転告知の記述を書かれると良いでしょう。

またついでに、ページ移動の機会に一度全ページの誤字や文法ミスのチェックも
されてみると良いと思います。

前のサイトのページタイトルと各ページには『当サイトは移転しました』といった
記述を書かれるとより確実かつスムーズに移転が上手くできます。

トップページは外部リンク数にもよるのですが 通常、2~3日で検索結果の表示が
新アドレスに入れ替わり、被リンク効果の移動が8~10日程でほぼ完全に完了します。
下階層のページは2週間~一ヶ月くらいを目安にお考え下さい。

サイトリンク移動の結果はウェブマスターツールで確認できます。
旧アドレスのページは徐々にインデックス結果から消えていくのですが、
かわりに新アドレスの方が表示されていきます。

一時的に検索結果順位が下がる事も多いのですが、外部リンクを新アドレスに
更新したり、時間が経過するにつれてしだいに以前の順位に戻っていきます。

外部リンクは移転跡地のページにリダイレクトタグを貼り続けている限りは
SEO効果が持続するのですが、リンク先の管理人に削除されてしまうおそれも
あるため、なるべく全てのリンク先のウェブマスターの方々に
時間をかけてもよいのでアドレス移転による更新依頼の通知を行いましょう。

また登録型のディレクトリ検索エンジンやマイサイト・ブログなど
自分で変更できるものは全て更新していくようにしましょう。

最も注意すべきなのが、移転の完了後もしばらくは旧ドメインアドレスを
決して削除したり売却してはならない事です。
ドメインを解約・削除したら当然リダイレクトタグも消えてしまい、
それまで続いていたリンク効果が10日ほどで無くなってしまいます。

また、旧ドメインを誰か他の人が引き継いで使用した場合はその時点で
第三者のサイトとして扱われてしまい、リンク効果がそちらに向かってしまいます。
特にYahoo!Japanの場合はそれらの反動によりスパム判定を受けてしまい
新サイトが検索結果の最下位にまで下げられてしまう事もあります。

たとえほとんどのリンクを更新したとしても旧ホームページ跡の管理人権限だけは
手放さないようにしましょう。

しかしサービスや契約期間の終了などでいつかは手放さなければならない場合も
多いため、ここのあたりはやや難しいところです。

ホームページ製作やSEO対策サービスをお使いの場合はドメインとURL移行の
変更手続きを行い、新しいサイトで改めて活用を再開していきましょう。
移転・リニューアル |
コメント
勉強になります、ありがとうございます^^
SEO

Re:
ご感想をいただけて大変励みになります。
crossray

ブログを一度潰してしまったのですが…
とある事情でブログを潰してしまい、再びエクスポートデータを使って新しいブログをつくったのですが、旧URLは使えなくなってしまいました。
この状態で、ブックマーカーから新ブログに来てもらう方法はありますか?
buntan

Re
この場合は、それまでに使っていたブログの提供サービス次第です。
seesaaのように、一度削除した後で同じサブドメイン名(全く同じURLアドレス)での再作成が可能であれば、他の誰かが取得する前でしたら、もう一度アカウントを取り直してリダイレクトタグやURL移転告知で出来ます。
しかし、一度消したブログと同じアドレスが取得できないサービスの場合は、残念ながら基本的には出来ません。
管理人

お答え、有り難うございました。
お返事、有り難うございました。
やはり、プロバイダのサービス次第なのですね。
私の入っているプロバイダのサービスでは、新しいURLでないと新ブログをつくることが出来ず、旧URLからの誘導も無理でした。
地道に検索などから、ブックマーカーを取り戻したいと考えています。
ご指導有り難うございました。
buntan

Re:
こちらこそ、ご相談コメントをいただけてありがとうございました。
少しでもお役立ち頂けましたら、何よりです。
これらから、ブログの運営を頑張ってください。
管理人

コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-166.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。