サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[キーワード出現率-記入の頻度は多すぎず少なすぎず]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
キーワード出現率-記入の頻度は多すぎず少なすぎず
ウェブページには1ページの文章全体に名詞・動詞・形容詞・形容動詞・記号を
合わせて数百個、多ければ千個以上の単語が含まれています。
(HTMLタグはキーワードには含まれません)

単語の適切な数と配置


GoogleやYahoo!JAPAN・MSN・goo・AOLといったwww巡回タイプの
大手ロボット検索検索エンジンはこのキーワードを認識して検索結果に
反映させるため、基本的に記入されているキーワードの数や配置を基準に
ある程度の上位表示の順位が決まります。

特定の検索キーワードで検索結果の上方に表示させるためには、
そのキーワードをタイトルだけでなく、ページの各所にもなるべく多くまばらに
配置するようにしましょう。

文章全体の長さと単語数にもよるのですが、おおよそ10個~20個、5%前後
あたりが最適と言われています。

強調したい単語が少ない場合


逆に、メインワードの少なすぎるといくらページの質や外部リンクの数が
多くてもなかなか高く評価されませんし、逆に出現率が20%以上、
などあまりに不自然に多すぎたり強調タグで同じ言語を強調しすぎると
かえって評価が下がってしまい、順位の下落に繋がってしまいます。

また同じ単語を近くに置きすぎるのも不自然な配置と見られる可能性が
ありますので、なるべく自然に文章を記述されるのが望ましいです。

SEO対策のサポート・アドバイスサービスのキーワード出現率チェックツール等を
参照に、一度ホームページ内の単語数を確認されてみるとわかりやすいです。
キーワードの活用 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-183.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。