サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[スパム判定によるドメインの検索順位下落を回復するには?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
スパム判定によるドメインの検索順位下落を回復するには?
前回の記事で記述しました、
Google検索でサイトドメイン内ページ全ての順位が
急落して一番後方あたりにまで下がってしまうスパム判定を受けた時、

どのようにすれば順位が回復できるのか?という疑問について。

グーグル検索での順位ダウンの原因


サイト内部構造やバックリンク数の見直し方法など、
有効とされる対処の仕方について説明いたします。

まず、このスパムは急激に披リンクが増えてしまった事で
起きている可能性が元も高いです。

順位下落直前の数日以内で、検索エンジンへの一括登録や
ブログのサイドバーからのリンク等を受けていないでしょうか?

または内部リンクを急に増やしたり、トラックバックを
沢山送っていた場合は、これらが原因で発生しているかと思われます。

これらの新しく増えたリンクを全て削除できれば、
1日~3日ほどで順位が回復する事があります。

しかし思い当たるリンクをほぼ全て消しても必ず元に戻るとは限らず、
中には自分では消去できないものや、
第三者から知らずにリンクを受けている場合もあり、

どの部分が根本的な理由かを見極めるのは大変難しいものです。
ウェブマスターツールのバックリンク統計等も参考にされてみて下さい。

リンク先のサイト管理者にお問い合わせをして削除依頼を行うのも有効です。

外部リンクを自身で増やした際の影響


内部リンクは影響を受けにくいのですが、一つの外部ドメインから
自分でトラックバックやサイト登録といったリンクを少しずつ
増やし続けていて、一定数を越えるといきなりスパムと判定されて
Googleからのアクセスを失う場合もあります。

(第三者からリンクを自然に受けた場合はほぼ影響はありません)

また、HTMLタグの記述に致命的なミスが出ているため、という場合も
あるかもしれませんので、一度テンプレートの構造も見直してみましょう。

なかなか元に戻らない場合


数日経っても直らない場合は一時的に別のドメインにリフレッシュタグや
302リダイレクトを用いてURLアドレスを移転されてみる方法もあります。

その状態で何もせずに2週間~1ヶ月程待ってみれば、
ある日突然、元ドメイン全体の順位が一気に回復する事もあります。


その間は下落した方のドメインを決して削除したりはせずに、
必ず辛抱強く、じっくりと待ってみて下さい。
また、原因と思われる外部リンクもじっくりとチェックしてみましょう。
スパム問題の注意点 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-185.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。