サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[テキスト文章の書き方はわかりやすく間隔を空けると良い?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
テキスト文章の書き方はわかりやすく間隔を空けると良い?
インターネットのウェブページを閲覧される時、
どういったサイトが読みやすいでしょうか?という質問について。

閲覧者側に読みやすい文脈の作り方


まず、ホームページは書かれている文章テキストのキーワードで
検索されて、ユーザーが来訪します。

リンクやサーチからHPに入室してまずは、
表示されている画像やテキストを閲覧します。

しかしここで、文章に改行や段落分け・句読点・拡大フォント等がなく
ひたすら長い文脈が記されていると、閲覧者側にとっては
読みにくく感じられてしまいます。

また、度の部分が重要であるかもわかりづらいです。

読みやすくわかりやすい文章ページを作成するには、
まずはテキストを適当な位置で一~二行分、改行してみましょう。

タグを使ったメリハリの利かせ方


h2、h3、h4、h5、h6タグを挿入して、適切な見出しのタイトルを書いて
区切るように作っていくと文章全体のメリハリが利きます。

他にもul、ol、liタグの箇条書きや、pタグでの改行といった
色々な表現の仕方を用いてみましょう。

重要な単語は拡大フォントや強調タグで囲い他の単語と区別させ、
またわかりやすく時折、リンクや画像・動画といった他のコンテンツも
文の間に挟んでおくとさらに見やすくなります。

良い文書を作成する意識


ユーザー側の閲覧にやさしいサイト作りを意識していけば、
自然と読みやすい文章ができあがっていきますのでぜひ試されてみて下さい。

ご自身でページを作成する時間がない場合は、
ホームページ制作サービスに発注をされてみるのも良いと思います。
内部のクオリティ強化 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-187.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。