サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[動的ページより静的ページの方が良い?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
動的ページより静的ページの方が良い?
ウェブサイトのアドレスは、静的ページと動的ページという
種類に分かれていて、このうち静的ページの方がロボット検索エンジンに
評価されやすい事をご存知でしょうか?

固定されたアドレスの優先性


静的ページとはいわゆる固定されたURLアドレスのページで、
動的ページはアドレスに?や&が含まれていて、検索結果ページなどで
自動的かつ一時的に生成された固定されていないページを指します。

Yomi-Search(ヨミ・サーチ)やxoops(ズープス)といった
プログラムが特に有名ですね。

動的ページは基本的にGoogleやYahooにインデックス登録がされにくく、
多くの場合で特にグーグル検索結果にはあまり登録されないため
SEO的な効果は低い傾向にあります。

逆に、?や&、%といった記号が含まれていない静的に生成されたページは
優先的にインデックスがスムーズに行われる傾向にあります。

しかし、タグ文字などで量産されたタイプのページは
評価が低かったり、グーグル検索に登録されない場合もあります。

コンテンツの質の低さによる不利な点


動的ページに含まれるコンテンツもメインキーワードが違うだけで
わりと似たり寄ったりな内容であるため、検索エンジンには
上位表示されにくく、披リンクも受けにくい傾向にあります。

phpやcgi、jspなどのウェブプログラムで作られるページも
確かにお手軽で便利ではあるのですが、
サイトの主力は静的ページで1ページずつ内容の違うコンテンツを
メインにホームページを拡張していくのがやはり一番です。

静的ページのリンクを増やしたい時はそれらを中心にネットで探してみたり、
固定されたアドレスでのSEO対策の披リンクサービスを使うのがお薦めです。
内部のクオリティ強化 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-193.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。