サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[画像の直リンク禁止 とは?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
画像の直リンク禁止 とは?
ホームページの注意事項が描かれた片隅辺りの配置コーナーで
リンクの際にはバナー画像の直リンク禁止】といた表記を見かけますよね。

この直リンクとはどういう意味?という疑問について。

ウェブページに表示されている画像の多くは、IMGというタグ要素により
映し出されています。

画像タグ記入例


<img src="http://blog-imgs-35.fc2.com/w/h/i/whiteway/billmihon.jpg" alt="画像タイトル" border="1" width="460" height="345" />

実際の表示

画像表記の見本

直リンクとは、自分のサイトのファイルサーバーにアップロードしている
ファイルではなく、外部サイトのファイルマネージャ内に存在している
画像のURLアドレスを上の【src=""】内に記入して表示させる方法を指します。

フレームタグでの表示方法


またiframeタグ(フレーム)を使うと、他のウェブページを
そのページ内部の一部にスペースを限定させて表示される事も可能です。

記入例
<iframe src="http://blog-imgs-35.fc2.com/w/h/i/whiteway/seolinktag.html" width="175" height="130" scrolling="no" frameborder="1" marginwidth="0" marginheight="0" title="linktag">.</iframe>

表示例


お薦めできない貼り方


しかしこれらの直リンクという方法はある意味で、他の外部サイトにあるコンテンツを
自分のサイトに引っ張ってくるような手法とも言えますので、
特に他の誰かが作成した画像やページを直リンクするのはあまりおすすめできません。

また相手のサーバーに少しながら負担をかける事にもなるため、
迷惑をかけてしまう可能性もあります。
検索エンジンにもあまり評価されないかもしれません。

これらの問題を解消するにはバナーなどのフリー画像はまず
右クリックでマイコンピュータにダウンロードし、
その画像ファイルを表示させたいマイサイトのファイルマネージャに
アップロードしてIMGタグ要素に画像アドレスを書き込む方法が最適です。

これならば自分のレンタルサーバー内ですので直リンクにならずに済みます。

ただし、転用するのはあくまでフリーの画像のみにとどめておきましょう。

オリジナルコンテンツを多くしていく事でより良いSEO対策に繋がります。
ホームページ製作サービス等で提供されているフリー画像を使うのも良いでしょう。
img要素・alt属性 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-198.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。