サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[強調タグ内の文字数は少ない方が効果的?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
強調タグ内の文字数は少ない方が効果的?
ホームページのHTMLソースに含まれるタグのうち、論理的な強調タグ

<strong>や<em>、<h1・h2・h3・h4・h5・h6>、<li>等に
含まれている文字・キーワードは論理的な強調を意味し、
GoogleやYahoo!Japanなど大手の検索エンジンで高く評価されます。

しかし強調タグ内の使い方にも効果的なポイントがありまして、またその逆に
間違った使い方をしてしまうとかえってSEOの評価が下がる事もありますので
ご注意下さい。

正しい使用方法


まず、strongやem、li内に入れる文字は基本的に1単語~2単語と
短めにするほど、強調の度合いが強くなります。

逆に、長い文章を入れすぎるとあまり高い効果は望めません。

表記の参考例


○ <strong>検索エンジン最適化</strong>

△ <strong>ビジネスマーケティングの基礎講座とSEOセミナー</strong>

× タグ内に何十文字も長々と含めると、どの文字を強調してよいか曖昧になります。

特にliタグに大量に文章を加えるとYahoo!Japanからの評価が
サイト全体的に激減する事もありますので、見出しや箇条書き文章らしく、
コンパクトにまとめるように正しく使いましょう。

同じキーワードを何度も強調して書いてしまうのも好ましくありませんので、
なるべく違う類似した少し違うキーワードを意識するように記述しましょう。

また、強調タグ同士はなるべく文章内では近すぎずにある程度離して書くと
自然な表示になります。
強調タグ一覧 |
コメント
参考になりました!!
ありがとうございます!!
murata

Re
HPの運営やSEOの参考にいただけましたら幸いです。
管理人

コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-200.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。