サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[個性的でオリジナリティの高いページを作ると良い?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
個性的でオリジナリティの高いページを作ると良い?
ウェブサイトのページの内容はあまり、ありきたりな感じであるよりも、
オリジナルの要素が強い個性的なコンテンツのあるものが
高く評価されやすくなります。

いまやインターネットには数十億ものサイト・ページがありまして、
それぞれのジャンルにも無数の専門サイトが存在します。

ライバルサイトとの競合


Yahoo!JapanやGoogleで適当なキーワードを検索すると、
数千件~数十万件もの膨大な検索結果の数が表示されますよね。

これだけの数の中では、自分の作ったページが他の外部サイトのページと
似たり寄ったりになってしまう場合もあり検索エンジン検索結果の
上位にもなりづらく、複合キーワードでもなかなか上手く上がらない事もあるでしょう。

特に、内容が少ないページや別のHPの引用文だけで作られたページは
非常に評価が低くなりやすく、あまりお薦めは出来ません。

そこで、なるべくHTMLソースは個性的な作りで、文章にはオリジナルティを
持たせて他のサイトにはないコンテンツ作りを目指していくと
ユーザー側と検索エンジンの両方からの評価も高くなっていきます。

正しい独自性の持たせ方


まず、コピーペーストやリンク・引用文だけの作りはできるだけ控えて、
基本的には様々なキーワードを用いてより良い文章を書いていくようにします。

しかし個性的、といっても日本語文法や言葉遣いが乱れてはいけません。

サイトの分野やスタイルにもよるのですが、読者層に合った、
読みやすいテキスト文章で作っていくことが大切です。

またオリジナルティがあり内容を濃くするといっても、
HTMLソースの文法が間違った書き方ではいけません。

オリジナル性HTML文法の記入ルールはまた別の問題になります。
ページも重くしすぎずに開きやすく調節して、正しい使い方をしましょう。

タグやテキストの書き方をよく知って覚えておかれると、大変個性的で
面白い内容のページを作る事ができるようになりますので、
ぜひこれからのサイト作りを頑張ってみて下さい。

また、専門のウェブサイト作成サービスに注文をすれば
プロの手腕で、個性的で魅力のあるデザインに仕上げてもらう事が出来ます。
内部のクオリティ強化 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-204.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。