サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[文章の引用にそのままコピペで済ますのは良くない?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
文章の引用にそのままコピペで済ますのは良くない?
インターネット上に公開されているウェブページは基本的に、
文章が長くて様々なキーワードがバランスよく詰まっているほど
検索エンジンやユーザー側にも高く評価されます。

そして情報量が豊富で、なおかつ役に立つ記事であるほど更に評価も高まり、
外部リンクや上位表示もされやすくなるでしょう。

しかしそこで一つやってはいけない事、強いてはこれをすると逆効果に
陥りやすい、という手法がありますので注意が必要です。

それは、他の外部サイトからテキストやコンテンツをそのまま右クリックで
コピーして、自分のサイトに貼り付けて公開してしまうやり方です。

コピーペーストの注意


そのサイトに著作権についての事が書かれていなくても、それ以前に
ネット上でのルールとマナーの違反行為といえますので止めましょう。

では、『こちらのページから引用しています。』と書いて参照リンク先も
貼っておくとOK?という質問なのですが、

この場合は、コピペで貼る文章の量が数行以内で少なければギリギリで
セーフなラインですが、あまり大量に貼り付けすぎるとスパム扱いを
受けるおそれもありますので良くありません。

また、サイトの著作権に関する禁止事項が書かれていたら必ず
その基準に従いましょう。

しかし、そもそもコピーペーストでそのまま引用や転用をするやり方や、
ただ参考先としてのリンクを貼り付けるだけのやり方は、
コンテンツのオリジナル要素を下げてしまい、せっかく作った新ページも
検索エンジンからの評価が得られない事が多く、少なくとも
二番煎じのページ、という意味でほぼ上位表示はされない事でしょう。

無断貼り付けによる評価の下落


グーグルーやヤフーの検索エンジンにインデックスされた直後で一時的に
検索結果の上の方に引っかかったとしても、長期的に見るといずれ
はるか下の方や圏外にまで下がってしまうでしょう。

特にヤフージャパンは、不自然にページ内に外部リンクが貼られすぎていたり
オリジナル性の薄いサイトの評価を下げる傾向が見られます。

このような大きなデメリットがありますので、ただのコピぺで作るのは
やはりお薦めできません。

自分なりに、できるだけオリジナルティーの高い文章を考えながら作成し、
たった一行の引用や参考にしても少しキーワードや文字の配置を考慮して
変えてみるなど、とにかく創意工夫をして、また見る人に役立つページ
作り上げる事が何よりもアクセスアップに繋がります。

ホームページの製作サービスで、プロの技術による全体的な個性付けを
サイトに施して作ってもらうのも、SEO的にも有効な方法です。
内部のクオリティ強化 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-206.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。