サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[訪問者のサイト滞在時間が長いとSEO対策に良い?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
訪問者のサイト滞在時間が長いとSEO対策に良い?
ここ最近では、大手検索エンジンがサイトの検索順位を決める基準の
一つとして、ページやサイト全体に対して訪問された方が平均的に
どれくらいの時間をかけて閲覧していったかで評価されると言われています。

ユーザーの留まる時間による評価


そのページに入っても数秒で直帰されたり別の外部ドメインサイトに
移動されてしまう事が平均的に多いと、GoogleやYahoo!JAPANでも
コンテンツ性の低いサイトと判断されてしまう可能性もあるという事ですね。

たとえ本来は中身が充実していたとしても、デザインやテキスト配置が
良くないためにせっかくの内容が十分に見てもらえない、という
場合もありますので、見た目のカスタマイズや工夫もSEO対策の一つとして
必要になってきます。

ページを長く見てもらえるようにするコツ
  • テキスト文章を多くする
  • 読みやすいように工夫して記入する
  • ウェブデザインはイメージ良く作る
  • 映像動画を加える
  • 外部リンクは新しいウィンドウに設定する
  • 内部リンクは見やすく配置する
  • 画像は重くし過ぎない
  • 宣伝を煽りすぎるコメントは控える
  • 1Pごとに個性付けを行う
  • 箇条書きや段落分けを活用する


内部をカスタマイズするポイント


スタイルシート
{}とdiv要素を用いて、強調したい文字タグやコンテンツ領域の色を個性的に換えてみる。
テンプレート
メインの中央バーやサイドバー、またそれらのタイトルの文字をわかりやすくして、スペースも適切な幅で空ける。
ウェブブラウザ
IE6とIE7で表示される形が違う事もありますので、あらゆるウェブブラウザでどのようにページが映るかチェックする。
アクセス解析
平均滞在時間を調査できるツールも多いので、運営しているマイサイトの1Pごとの解析を行い参考にしてみる。
サーバーの重さ
極端に開くのが遅いとユーザー側も疲れてしまい途中で閉じてしまわれますので、できるだけ表示が軽く出来るように工夫をする。

特にテキストの量と質の良さ、そしてデザインによる好印象が重要となりますので
滞在時間を上げる事、すなわち本当の意味での良質な検索エンジン最適化を
行うために、コンテンツの強化を中心に改善をしてみましょう。

ホームページのデザインやマーケティング言語のカスタマイズを
詳しく勉強して実践する時間がとれない場合は、ホームページ製作会社の方に
代行をしてもらうのも一つのコツです。
内部のクオリティ強化 |
コメント
有益な情報ありがとうございます。
SEOなので、確証はないにしても、自分のブログを客観的に見つめ直すいい機会になりました。
またの更新お待ちしてます。
感謝

SEO対策に有効な手段の変化
ご感想コメント、ありがとうございます。
SEO対策に有効な手段も日々変化していくのですが、やはり色々な判断要素が常に含まれていますのでぜひ見直しをされてみると新しい事に気づけるかと思います。
これからもサイト運営頑張ってください。
管理者

コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-210.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。