サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[ページランクを確認してSEO評価を調べる目安とは?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
ページランクを確認してSEO評価を調べる目安とは?
インターネットを閲覧するために現在お使いのウェブブラウザに
Googleツールバーをインストールして表示し、『PageRank』のアイコンを
表示するように設定すると、ウェブページを開いた時にそこのページランクを
チェックする事ができます。

0~10までの11段階と、計測されていない灰色のマークのうちどのランクに当たるかで
Google(グーグル)にそのページがどれくらい評価されているかを見て確認すると、
検索エンジン最適化の一つの目安にもなります。
自分のサイトだけでなく他の外部サイトのページランクも勿論確認できます。

基本的に大抵のHPはインデックス(トップページ)が最もランクが高く、
次にTOPからリンクされている各内部ページは1~3くらい低く、
更に下層にあるページはまたランクが低くなる、という具合です。

ただ、下階層や別のディレクトリにあるページでも、他のサイトの
ランクが高いページや、数多くのドメインからリンクされていると、
ある程度高いPAGERANKを得られます。

逆に、トップページの内部リンクが多すぎると、例えばTOPが3だとしても
そのすぐ下のページへのリンク効果の配分が分散化されすぎて、
2ではなく1や0のランクにとどまる場合もあります。

とはいえ、余程数が多すぎでもしない限りは、INDEXから直接リンクされている
ページは基本的にSEO的に高い評価を得られます。

0でなく灰色マークで「このページはランクされていません」と出ていると、
検索結果にインデックスされていない事も多いため、
Site:そのページのURL」と検索してGoogleに登録されているか確認しましょう。

もし表示させたいページのランクが無くてインデックスされていない場合は、
外部リンクや内部リンクを増やしてWEBクロールに巡回されやすいようにしましょう。

ページランクは確かに高い方が良いといえば良いのですが、
作成したばかりのページでもコンテンツがしっかりと作られていて、
タイトルのキーワード配分も適切で、RSS更新などですぐにリンクが
得られれば、検索エンジンの上位結果に載る事も十分に可能です。

あくまでページランクは時々Google検索エンジンからの評価を確認したり、
新しく優良な披リンクを獲得する時の基準くらいに見ておくのが良いでしょう。
ページランクを上げる |
コメント
勉強になりました
いろいろな情報ありがとうごさいます。
toto

Re
アクセスアップやホームページ作成のお役に立てて何よりです。
管理人

コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-224.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。