サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[ネットニュースを見て更新ネタを収集する手法とは?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
ネットニュースを見て更新ネタを収集する手法とは?
インターネットでは、MSN産経ニュースやlivedoorニュース、Ameba News、
CNN.co.jp、gooニュース、エキサイトニュース、Infoseekニュースなど、
各大手ポータルサイトで最新のニュース、トピックスが提供されています。

またtwitterや2ch、YouTubeやニコニコ動画、他SNSや個人運営の速報サイトでも
それぞれ独自の新着速報がリアルタイム、またはそれに近いスピードで
どのメディア媒体よりも素早く流れてきて視聴できるのが便利です。

またテレビや新聞では報道されていないような小ネタや豆知識ニュースも
各特報提供サイトによってそれぞれ個性的な記事が発信されています。

ご自身の作成されたホームページやブログですでに何十、何百ページと
コンテンツを作成されていて、ある時ネタに詰まってしまった時には、
こういったネットニュースサイトをチェックしてみて、ご自身のHPと
内容が近い記事を探してみて、新着ニュースを見て参考にするのもお薦めです。

その業界で新しく何が起きたか、どのような新商品が発売される予定か、など
情報も入ってきますし、どんな話題で盛り上がっているかも同時に調べられます。
一時的にしか話題にならないニュースも多いかと思われますが、
わりと新しい方法からネタを探る事でひらめきが生まれる事もよくあります。

ただ、サイトによっては情報が不適格だったり正確さに欠ける場合、
また実際には事実と異なっていた、という記事に当たってしまう場合も
ありますので、あまり鵜呑みにはしすぎず、少しでも疑わしいと思った場合は
時には他のサイトのニュースも見たり、大手Wikiで調べて確認する事も大事です。

もうひとつの注意として、ニュース記事に書かれているテキスト文章を
そのままコピーペーストして貼り付けして掲載するのはお薦めできません。

ホームページの著作権に抵触するおそれがありますし、Googleやbingの
検索エンジンシステムに、スパム扱いを受けてサイトの評価が
著しく下がってしまう可能性もあります。
(参考ソース元リンクを貼り付けるくらいなら一応大丈夫です。)

ネットニュース記事の内容はあくまで参照のひとつとして捉えて、
それらの情報から得た知識やネタを元に、独自性のあるコンテンツを
作成して新ページや製作物を増やしていくと良いでしょう。

効率よく新着ネタを収集していくには、RSSリーダーのサービスを使ったり
ツイッターでフォローをする、といった手法が使えます。
BLOGの運営管理 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-226.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。