サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[コメント投稿で貼るURLリンクはSEO対策になる?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
コメント投稿で貼るURLリンクはSEO対策になる?
ブログやSNSのページに設置されている『コメント投稿フォーム』には、
ウェブサイトのURLアドレスを貼って書き込む枠が設置されている所も多いですね。
『URL』のフォーム部分にウェブアドレスを貼ると、コメントを投稿した後で
名前やタイトル、文章とともに、そのURLのリンクが表示されます。

これで被リンクが1個作られる事になるのですが、コメントフォームは
普通は仲のいいサイト管理者同士の交流や、ホームページ紹介コーナーへの投稿
などの目的で設置されていますので、もともとSEO対策のための機能ではありません。

そして、大手検索エンジンもまた、コメント欄に貼られているURLリンクは
あまりSEO的に評価していない傾向も見られます。
管理者によってはURLリンクが表示されないようにしているサイトもあります。

またブログサービスによっては、自動的にHTMLのリンクタグに、
検索避けのタグが貼られるようになっているコメント機能も多いです。

近年では自動投稿機能を使ってランダムにコメントを複数のサイトに乱発する
リファラスパム」という荒らし行為も出ているため運営側もコメントの規制を
強化しています。

コメントにリンクを貼り続けていたら検索エンジンからの順位評価が下がって
アクセスが結果的に減ってしまった、という話も聞きます。
トラックバック機能のSEO対策効果が次第に無くなっていったように、
最近ではブログやSNSのコメントフォームで貼るリンクもSEO対策になりにくく、

下手にコメントリンクを増やすとスパム扱いされたり検索エンジンの評価が
下がっていき、逆効果になる事もあります。
コメント投稿は決してアクセスアップやSEO対策の目的で書かずに、
あくまでサイト同士の交流のためのツールとして使っていく事が基本です。

ただ、ホームページの紹介用掲示板やディレクトリ型サイト登録サービスでなら、
トップページやコンテンツページの一部を紹介する場合はまだ大丈夫です。
サイトおきのコメントフォームによって、適度にマナーを守って使っていきましょう。
外部被リンク効果 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-230.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。