サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[Facebook(フェイスブック)登録でのビジネス活用]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
Facebook(フェイスブック)登録でのビジネス活用
Facebook(フェイスブック)とは2011年現在、世界最大の登録ユーザーを持つ
アメリカ合衆国の大型SNS:ソーシャルネットワーキングサービスです。
インターネットの契約プロバイダで提供されている電子メールアドレス、または
普通のフリーメールアドレスがあれば、13歳以上で誰でも簡単に登録ができます。

登録ユーザーになるとMixi(ミクシィ)やMySpace(マイスペース)といった
他のSNSと同じく独自のアカウント名とマイページを取得できて、
様々なコミュティツールを使っていく事が出来ます。

ただしFacebookでは基本的に、実名と個人情報の登録が必要になります。
(実際の姓名のバリエーションであるニックネームは何とか使用できますが、
 原則としては本名の記入がルールとなります。)

日本国内で流行しているSNSといえばTwitterやmixiなどが先頭に挙げられますが、
Facebookの場合は、実名や顔写真を載せる抵抗感や、外国語の苦手な人の多さ、
全体的に日本人と海外との人間関係の少なさなどが理由で、現在のところは
まだ他の大手SNSと比べて国内で浸透していないのが現状です。

中でもやはり、匿名でアカウントを登録できるほかのSNSやブログサービス
の方が抵抗感が無くて安心できる、という具合の日本人の国民性による理由が
大きいかと思われます。

ですが日本人の企業家や活動家、ビジネスマンの方で、諸外国に向けての
コミュニケーションやインターネットビジネスに活用されている方は大勢おられます。

シェア(いいね!)ボタンの設定


フェイスブックはやはり世界最大のシェア(利用者数)を持つ
超大型ソーシャルメディアであるため、日本国内のみならず世界各国での
幅広い企業宣伝や人材募集、サービスの配信などの活用にも大変活用できます。

会員になってログインしなければ見られないページも中にはあるのですが
最近ではGoogle など大手検索エンジンでも、フェイスブックのシェア(いいね!)
ボタンからブックマークされているウェブページは検索結果順位の向上にも
SEO対策として若干影響がある、との話もあります。

『シェア』(いいね!)のブックマークボタンはTwitterのTweetボタンと同じく
ページ内部に一個配置する事で、そのページを気に入ってもらえたユーザーの人が
フェイスブック内でのお気に入り登録をしてくれる可能性が高まります。

またユーザーになると自社の企業概要や商品、また自作の個人ホームページの
宣伝をする事もできて、顧客の獲得やアクセスアップにも繋がります。
これからはTwitterと併用して、Facebookでも企業情報のアピールを
展開されていくのも有効になるかと思います。
Facebook フェイスブック |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-231.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。