サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[人気SNSからリンクしてもらうとアクセスを得られる?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
人気SNSからリンクしてもらうとアクセスを得られる?
近年ではSNS(Social Network Service:ソーシャルネットワーキングサービス)が
全盛期とまで言われるほど人気が高く、Facebooや、MySpace、mixiをはじめ、
数多くの会員登録制のSNSサービスがインターネットで提供されています。

SNSの特徴の一つとして、ウェブ上ではSNSの中のページの大部分が非公開
となっていて、会員にのみ閲覧できる内包型の提供サービスが多くあります。

そのため、GoogleやMSN、goo、Biglobe、Yahoo!JAPANといった検索エンジンに
インデックス登録がされていないため、ウェブ検索では内部コンテンツが
検索結果に引っかからず、またSNS内部のページからリンクをしてもらっても、
SEO対策としての効果はほぼ得られません。(Twitterは検索結果に表示されます。)

ですがご存知、ソーシャルネットワークは「共有」するウェブサイトであり、
大勢の人が見に来てくれるため、その中でリンクを貼ってもらうことで、
アクセスをたくさん得られる事も多いです。

例えば、質問&回答のQ&Aコーナーでは同じ疑問を抱えた様々な人が
訪れるため、そのページに参考サイトとしてリンクを貼ってもらうと、
会員限定ですが、長期的に常に一定のアクセスが来る事もあります。

逆に日記のように、すぐに後から投稿される膨大な数の他の記事に
埋もれてしまうタイプのページや、一時的な話題のページでリンクされた場合は
短期的にしかアクセスが見込めないのですが、瞬間的なアクセス数でいえば
結構なユーザー訪問者数を見込める事もあります。

日記やコメントなどのテキスト記入欄にはHTMLソースのタグを書いて埋め込める
仕様と、タグが適用されない仕様のSNSとがあるのですが、このうち
タグが使えないコンテンツの場合は、貼り付けてもらえるページの
タイトルと、その下にURLアドレスでリンクを貼ってもらえるような形になります。
SNSと連携 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-237.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。