サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[初心者によくあるHTMLタグ書き間違いのミス]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
初心者によくあるHTMLタグ書き間違いのミス
ホームページやブログを作り始めてから最初のうちは、
よくHTMLのテンプレートやCSS(スタイルシート)に記入する
『タグ』文章の書き方を間違えて覚えてしまっていたり、
誤字脱字のミスをしてしまう事も多くなりがちなものです。

特に多い書き間違えが、タグがちゃんと<>で閉じられずに、
文字の大きさや色、画像などのコンテンツの表示があちこち変わってしまい
ページ各所のレイアウトが崩れてしまうパターンです。

他に、<head>領域や<body>領域にはそれぞれ必要なタグ要素があるのですが、
これらが書かれていないと、モニタ画面で見る分には目立たず問題ない場合でも、
HTML文法の上では大きなマイナスになってしまい、ロボット検索エンジンなど
大手の外部サイトからの評価が低くなってしまう可能性も高いのでご注意下さい。

打ち間違えの一例


<span style="font-size:x-large;">拡大文字/span>

閉じる方のタグの「<」の部分がうっかり文字の書き込み中に消してしまい、
それ以降の文字が一番下の行か</div>のタグの所まで
全部このように拡大表示されてしまう事があります。


「/span>」の部分もウェブ上で文章と一緒に表示されてしまい
一部の表示部分が不適切な状態になり読みづらくなってしまいます。

<b>の強調文字や<i>の斜体文字、<span style="color:#336600">などの
カラー文字が一番下まで続いている状態も、ネット巡回中に時々見つかります。

<>など重要な部分が大文字になっていたり、「/」(スラッシュ)が
抜けていたりすると、やはり正常に表示されません。

こういった表示ミスをしないように防ぐためには、
HTMLのテンプレートを書き終わった後でまずミスが無いかどうか一通り
文章全体のタグをじっくりと細かくチェックします。

インターネット上にアップロードする前にウェブブラウザ上でひとまず
プレビュー表示して視覚上の問題がないかどうかチェックして、
全て修正し終わったら実際にアップロードまたは記事投稿をします。

もし文章が全体的に大きくなっていたり斜め表示やカラー表示になっていたり
一部のコンテンツが消えている場合はHTMLタグの書き間違いが主な原因なので、
もう一度、誤字脱字がどこかにないかどうか確認してみましょう。

最後に、アップロードしてウェブ上に表示されているページを目視で
確認して、正常に文字や画像がしっかりと映っているかどうか見てみましょう。
特に問題がなければ作成・アップロード完了です。

運用のコツ


しかしながら、HTMLの文法はやはり最初から覚え始めると複雑な要素も多く
ある程度までマスターしていくにはそれなりの時間と労力がかかります。

なので最初のうちはある程度ミスをしていきながら実際に実践して、
アップロードと修正、更新を繰り返しながら覚えていくのが身に付くコツです。

初心者の方が最初から完全にこなしていくのは難しいので、
間違いを恐れずにどんどん更新をして、少し二度手間になるものの、
後で余裕ができてから次第にチェックをしてミスを修正していくのが良いでしょう。

自分だけでは気づきにくい間違い部分はどうしても出てきますので、
オンラインで行ってもらえるホームページ作成支援・SEO対策サービスで
ホームページ全体のミスした箇所のチェックをしてもらうのも大変有効です。
初心者向け簡単技法 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-239.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。