サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[サイトを開設してから最初は沢山ページを作るべき?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
サイトを開設してから最初は沢山ページを作るべき?
新しくホームページを始めてから最初のうちはどうすればいい?という疑問について。

ホームページやブログは、個人のページならもちろん自分だけのオリジナル空間なので
どんな運営の方法でも良いのですが、サイトをどんどん良くしていくためには、
やはり色々なコンテンツがあった方が良いですね。

サイト作りは、各ページの作成を始めて、インターネットにアップロードして、
そこから各部をどんどん追加してページを増やしていくまでの最初のうちが
最も更新の勢いが高く、やる気も出てくる事が多いです。

始めのうちは各ページの細かい部分の装飾や補足説明はとりあえず後でもいいので
まずは開設の勢いの一気に乗って、ある程度ページを増やしてみましょう。

最初に用意するページは、

・トップページ
・インフォメーション(アバウト)
・カテゴリー案内
・メインコンテンツ数ページ
・掲示板(コメント投稿コーナー)
・リンク集

法人向けサイトなら

・概要事項
・免責事項
・プライバシーポリシー
・著作権解説
・アクセス

などが必要になります。

作成してから最初の勢いが肝心で、今後の更新の持続力にも繋がっていくので、
最初の一ヶ月以内のうちに30ページ~50ページはほしいところですね。

ページ数が多ければ多いほどロボット検索エンジンからのドメインの評価
高くなり、アクセス数も増えやすくなります。
(※ただし、1ページ1ページが特徴的でオリジナル性があって、
 しっかりとしたコンテンツが充実したサイトである必要があります。)

ブログとの違い


ブログの場合はカテゴリーやメイン記事ページがすでにテンプレートで出来上がっているので
それほど苦労しなくてもサイトを作れて、アクセスも得やすいのが強みです。

ただ、新しいページは日記で投稿するという形になるので、サイトのジャンルによっては
毎日何ページも更新して増やすのが不自然な形になる事もあります。

なので、目的や用途によって、普通のホームページにするかブログにするかを
最初によく考えて決めて作ってみて下さい。

インターネット上にアップロードして公開する前に、先に一気に何十ページも
作ってからファイルマネージャーに一気に上げるのも良い方法です。

ですが一日でも早く自分のホームページを作って見てもらいたい、という時は
主要ページを数ページだけ先にアップロードして公開して、
後でどんどん追加していっても大丈夫です。
初心者向け簡単技法 |
コメント
変換ミス?
「始めのうちは各ページの細かい部分の草食や補足説明…」の「草食」は「装飾」ではないでしょうか?
Jimmy

ありがとうございます。
>Jimmy さん
記事の記入ミス、修正いたしました。
変換ミスの報告を頂けて、大変ありがとうございます。
管理人

コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-243.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。