サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法

[一括自動登録型の相互リンク集のSEO対策の効果は?]の頁です。ホームページやウェブログをインターネット上で広めるためのアクセスアップ方法とSEO対策。
GoogleやYahoo!JAPAN・MSN等の検索エンジン検索結果の上位表示でサイトの訪問者数を上げていく手法やウェブサービス等を紹介しています。
また被リンク獲得や人気キーワードの活用・HTMLタグ文法の書き方・ブログ運営テクニックや集客支援ツール等も掲載しています。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
一括自動登録型の相互リンク集のSEO対策の効果は?
現在ネットワーク上には大手検索エンジンへの上位表示支援とされる
様々な被リンク取得サービスが多数存在します。

その中でよく目にする、一括登録ができる自動相互リンクサービスは
短期間に大量かつ不自然に被リンクが増える手法のためスパムではないか?

という見方も強くそのSEO効果に疑問が残り、どういったサービスが本当に
アクセスアップ(検索結果上位表示)に繋がるのか判別が難しい所でもあります。

まず、Googleのウェブマスター向けガイドライン等にも書かれている通り、
ロボット検索エンジンはサイトの順位やページランクを上げることを目的する
リンクプログラムの評価を下げる傾向にあります。

不自然に交換リンクが何百、何千と増えていくようなタイプのサービスは
リンクファームとみなされて逆に検索結果順位が落ちてしまう可能性があります。

特に、自サイト同士でのドメインでなく外部の専用リンクアドレスが
発行されるタイプのリンク集サービスは基本的にSEO効果も薄いです。

また、全くコンテンツに関係ないサイトとの一括相互リンクも実際には
Yahooからの評価を下げるだけに終わる、という場合もあります。

ヤフージャパンは相互リンク(発リンク)の多過ぎるホームページの
検索結果を下げる傾向にありますので、一気に何十、何百ものリンクを
貼らなければならないような交互リンクサービスは使用されない方がよいでしょう。

もしこれらのサービスを使用した後に一気に検索エンジンからのアクセスが
下がってしまった場合はすぐに相互リンクを解除されてみて下さい。

相手際とのリンクが自分で削除できない場合はひとまずこちらからのリンクタグを
削除し、メールフォームなどでウェブマスターに削除申請の報告をされてみて下さい。

最近ではリンクに対する評価が非常に厳しくなっていますので、効果の全く
得られないSEO対策サービスがかなり多くなってしまっているのが現状です。

そのため少しでもおかしい、と感じたサイトのサービスは使用されない方が無難です。
相互リンク依頼 |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

(※:お書き込み頂けたコメント文章は、管理者の承認後に表示されます。)






[サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法・トップページへ]


URL:http://whiteway.blog103.fc2.com/blog-entry-27.html
Copyright (C) 2007-2013 サイト・ブログのアクセスアップ・SEO対策方法, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。